« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004.03.24

宇宙NASAコピペ

『やばいやばい宇宙ヤバイ』のコピペが有名だと思うのですが、
NASAテクノロジーのコピペも好きだなぁ(笑)
(2005.7.27続き追加)

アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態で
はボールペンが書けないことを発見した。これではボールペンを持って行って
も役に立たない。NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月
と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度で
も、どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!

一方ロシアは鉛筆を使った。

これには続きがあったんですね(笑)↓

…という話を聞いて、本気にしてしまった男がいた。
アメリカの科学者は、彼にその話がジョークであることを納得させようとして、
毛細管現象とは何かというところから始まり、ボールペンのインクの成分やその粘度がどれぐらいか、など小一時間に及ぶ説明を行い、
ボールペンはそもそも無重力でも使えるのだということを納得させた。

一方、ソ連の科学者は、紙を上にはりつけて下からボールペンで字を書いて見せ、
ボールペンが上下逆でも使える=無重力でも使えることを納得させた。

| | トラックバック (0)

2004.03.22

「スピリット」「オポチュニティ」達の近況

最新最近のマーズ・エクスプロレーション・ローバ「スピリット」「オポチュニティ」兄弟の動向を見るによい日本語サイトはここですね。
『マーズ・エクスプロレーション・ローバ トピックス』
http://moon.jaxa.jp/ja/mars/exploration/MER/topics.html
ここを読むと、2ヶ月過ぎた2台が元気に活動している様子が伺えます。
岩石にドリルで穴開けたり、顕微鏡で覗いたり、カメラで撮影したり。
撮影もミクロだけでなく、上を見上げて空も撮影して天体観測までやっている。
さらに車輪を高速スピンさせて地面を掘ったり、
果ては、磁石で空中の金属成分を含む塵を収集までするんですねー。大活躍です。
あまりの活躍ぶりに太陽電池チャージが追いつかなくて休息させたり基地に戻ったり。
なんか微笑ましい感じもしてきます。
彼らにできないことは、音を録音できないぐらいですかね。
マイク搭載の欧州探査機は今回到達できませんでしたから。

砂嵐が舞ってばかりの気象で、季節的に太陽から遠ざかる時期なので、太陽光充電ができにくくなるので「活動期間90日」なんだそうです。壊れるのでなく動けなくなる。
その時はベースに戻ってスリープ状態になって、また夏を待つのでしょうか。

長生きして欲しいですね。

前ログ『探査機出発準備中…』
http://ntd.way-nifty.com/blog/2004/02/post.html

| | トラックバック (0)

2004.03.11

Deep Space Field

ハッブル宇宙望遠鏡が深宇宙の一番遠いところの撮影に成功だとか。
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ntec/295070
距離130億光年彼方の銀河で、ビッグバンからわずか7億年後のもの。
映像は、黒いビロードに宝石を散らしたようで、満月の10分の1ほどの夜空の一画に、約1万個の銀河が集まっているように見えるという。

7億年が「わずか」なのがさすが(笑)。しかもすごい密集度合。
ナショジオでも深宇宙の写真を見たことありますが、ぎっしり集まっていますよね。
まぁあくまで見た目であり、実際は互いに遠いのだけど。
チリやガスを7億年放置しても、チリのまんまのような気がしますが銀河集団に変化してその中で有機生物まで生まれちゃったりするのだからすごい。
しかし、
すばる望遠鏡は既に140億光年の遠い深宇宙を撮影している。
http://www.astroarts.co.jp/news/2002/08/09nao575/index-j.shtml
こっちが最遠でないの?
ハッブルが年齢7億年と言っているので、130+7=137億年が今の宇宙誕生からの経過時間、これが現在の通説になっていて、150はもう古いのか。
20040311.jpg

| | トラックバック (0)

2004.03.03

テストではバグがあることは示せるが、バグがないことは証明できない

(2008.5.13)
三菱東京UFJ銀の大規模移行作業でもATM障害が。
http://ntd.way-nifty.com/blog/2008/05/atm_72aa.html


(2004.3)
ITProより。2004年1月に連発したシステム障害について。

統合ATMが陥った“テスト不足”の落とし穴〜負荷集中や計算値「思い込み」からテストケースが漏れる〜
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/SI/ITARTICLE/20040226/1/
ここに読者からのコメントが。
「テストが漏れた」と書かれているが、そもそも、設計時に想定されていないことをテストすることは不可能である。「テストが漏れた」のではなく、「システム設計時に想定していなかった」のである。GOTOレス設計で有名なダイクストラは「テストではバグがあることは示せるが、バグがないことは証明できない」ことを証明した。そもそも、テストでバグをたたき出そうとする姿勢が間違いなのである。などということは、品質管理の世界では「自明」なのだが、そもそも、そんなことをマスコミも、ベンダも言わないことが問題なのである。記者殿、こんな記事では勉強不足ですよ!

原因から見るに、テスト不足よりは設計ミスだったのが発端ですね。DB-READ時に各レコードをロックしたのはまずかった。ロックは常に悪いわけではないけど排他時間が長引くと他を待たせることになるので、それとの兼ね合いを検証してなかったんですね。
しかし「使用中状態が多い状態の負荷テスト」は普通にテスト段階で項目あげてもよかったんじゃないかなぁ?負荷試験ってそういうものでしょうに。極端に空きが少なくなるくらい負荷を増やせば試験段階で気付いたはず。
しかし記事では銀行側のレスポンスも低下したとあるので、試験では銀行側はすぐ返答してすぐ使用中状態が解放される前提しか考えなかったわけだ。

確かに記事ではテストが悪いとありますが、
設計時に想定されていないことをテストすることは不可能である。
ということも一理ありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »