« 「スピリット」「オポチュニティ」達の近況 | トップページ | 桜と『言葉の力』大岡信 »

2004.03.24

宇宙NASAコピペ

『やばいやばい宇宙ヤバイ』のコピペが有名だと思うのですが、
NASAテクノロジーのコピペも好きだなぁ(笑)
(2005.7.27続き追加)

アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態で
はボールペンが書けないことを発見した。これではボールペンを持って行って
も役に立たない。NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月
と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度で
も、どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!

一方ロシアは鉛筆を使った。

これには続きがあったんですね(笑)↓

…という話を聞いて、本気にしてしまった男がいた。
アメリカの科学者は、彼にその話がジョークであることを納得させようとして、
毛細管現象とは何かというところから始まり、ボールペンのインクの成分やその粘度がどれぐらいか、など小一時間に及ぶ説明を行い、
ボールペンはそもそも無重力でも使えるのだということを納得させた。

一方、ソ連の科学者は、紙を上にはりつけて下からボールペンで字を書いて見せ、
ボールペンが上下逆でも使える=無重力でも使えることを納得させた。

|

« 「スピリット」「オポチュニティ」達の近況 | トップページ | 桜と『言葉の力』大岡信 »

科学技術・宇宙」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/344602

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙NASAコピペ:

« 「スピリット」「オポチュニティ」達の近況 | トップページ | 桜と『言葉の力』大岡信 »