« 2004年5月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.27

長崎の精霊流し

(2006/8/25)
戦後61年、反戦や核廃絶の声。その強さと繰り返しに対し最近慣れというか飽きを感じると言ったら怒られますかね…
劇団東演『いちゃりば兄弟』感想と長崎

(2004/7/26)
この度の豪雨水害で新潟福井の夏祭りはいろいろ中止になっているとのこと。
祭りは毎年欠かさず長い間開催してきたものだったが、さすがに延期ではなく中止にするのだとか。
残念ですが仕方の無いことでしょう。
開催するには趣旨が現状に合わない、そんな余裕は無い、と妥当性のあるものです。災害が起きたら中止するもの。

そんな中、きっと中止にはならないだろう行事が長崎にあります。
お盆の『精霊流し』。
今となっては派手な曳き船に花火の列に観光客が見物に来る夏の長崎の風物詩ですが、もとはこれはお盆の行事なのでフェスティバルやカーニバルではない。
何か災害が起きても、派手さとか観光協会や自治体の主導がなくても必ず毎年行われるだろうと思います。
先祖の霊をなぐさめるのに休みはないですから。
さだまさし『精霊流し』にあるような、静かでゆっくりとした流れの中で…というのが私は好きです。

精霊流しの端緒由来ははっきりしないようですが、それだけ長い歴史があるようです。
そしてたぶん一度も中止になっていない。
長崎にとっては最悪の年になった原爆投下の年、8月9日に焼け野原になってしまいました。
そんな数日後のお盆にも、汚れきった長崎港に精霊船たちが流されたそうです。
長崎の街は何も無く、真っ暗な夜の岸壁に灯る小さなあかりたち。物資も乏しい中に、ろうそくとか供物を集め寄って…。

それどころじゃない、よりも、そういう時だからこその鎮魂。
今年の夏もまたあの鐘(しょう)の音が響きわたる…

| | トラックバック (1)

2004.07.24

Microsoft Keyboard BASIC

マイクロソフトQ96-00002 [Basic Keyboard] を1890円で購入。
私はキーボードは消耗品と考えているので、安いものを何度も買います。
本当は高価なのをずっと使い続ければいいのだろうけど、4000円超とかのは高いよなぁ(笑)。
というか高機能すぎてキーが多すぎます。
ハッピーハッキングは少なすぎ(笑)。
私がお気に入りなのは「基本109+インターネットキー」の組み合わせ。
メールとブラウザだけキーが欲しいのです。このキー便利と思いません?
メカニカルタッチキーボードが2000円で安いしキータッチもいいし、キー数もドンピシャだったのですが、店あちこち探しても見つからず。
何代もパソコンに繋ぎ替えて使ってきたけど、ちょいガタきて汚れたので買い換えたいな、と。
正確には、汚れたので水で洗ったら配線ダメになったのでした(笑)。
ボードの名誉のために言っておきますと、ボード自体は水被曝防護はあったのだけど、それに甘えて激しく水をかけたら浸水して、中のセロファンシートを濡らしてしまった。
(ばらしたら、セロファン3枚が重ねてあり、そこで押下するとピンポイントで密着してスイッチさせる方式でした)
乾かしてちゃんと復活したんだけど、買い換えることに(笑)

他のを先月買ったけど、キータッチがちょっと合わなくて、結局のところ最後の本命にとっておいたマイクロソフトのを購入したのでした。
MS社のデバイスは評判いいですから、あえて最後までとっておいたのでしたが、他にいいのが見つかりませんでした。
タッチは硬めですがいいですね。あとは一般的な他社のフラットなボード配置と違うのでそれに慣れれば。
なかなか「インターネットキーだけ追加」って製品が無いんですねぇ?
秋葉やネットショップいろいろ探したんだけどなぁ。

一緒に見えるのはロジクールのMX500。ボタンが多くてお気に入りです。
今月末にロジクールがチルトホイール対応新製品を出すので、チェックしています。
今回買ったキーボードの写真:
http://ntd.way-nifty.com/blog/20040724.jpg

| | トラックバック (0)

2004.07.22

ポータブルMD、Auvi買いました

シャープ:1(ワン)ビットポータブルMDプレーヤー「Auvi(アウビィ)」MD−DS55発売
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/040709-a.html

今日7月22日発売予定のものをフライングゲット。
2002年11月にパナソニック、2003年11月にケンウッドのポータブルMD(実売16517円)と買い換えてきました。
ついふらりと買ってしまうのです(笑)。
今回からはいいかげんメモリかHDD型にしようかと思ったのですが、最後のポタMDとして1ビットのシャープのやつを。丁度MD-DS70の弟分として今日MD-DS55が出ると知ったので。
型番は下がるけど、モバイル1ビットデジタルアンプ「H・A」と、前より音質向上してるらしいじゃないですか。
今までのより「HA」が付加された。音の急な変化により細かく追随できるらしい。
ヨドバシで本体価格20700円。どうも18日頃から入荷してたらしい。予約で申し込んだら即日出荷されて私もびっくり。
ついでにシャープ専用の4極プラグのインナーイヤホン3190円(定価は4000円)も。普通のステレオプラグは3極。アウビィは4極しか挿さらないのです。

DS55について:
本体外観は、光沢抑えたシルバーでところどころのミラー鏡面仕上げがレインボーに輝いて、デザインはパッとしません。
が、やっぱ音がいい感じがします。音楽素人なのですが、今までの携帯MDの中で一番いい。
音が「濃い」感じですね。据え置き型デッキと同等に思えるくらい。
スティック型のリモコンも操作がスライドなので誤操作しにくくて邪魔にならない。
最近は板状でなく棒状のが増えていたのもこれが原因か。
ケンウッドのと違ってちゃんとパワーオフボタンもあるし(笑)。

イヤホンHP-MD33Sについて:
上記の印象を強くしている理由は、イヤホンにもあるでしょう。
これ、イヤホンのくせに耳掛けオープン型より値段高いんですよ?最上位イヤホンは15000円!
耳掛けより小さなスピーカなのになんで?と思って試しに買ってみました。
すると、耳穴を塞ぐので音が逃げないのでしっかりと曲が聴けます。
安物イヤホンと同じ小さな振動板なのに、そのスピーカからしっかり音が出ている。不思議だ…
なんかふつうの密閉型ヘッドホンをかけている感じなんですよ。
あとは長時間耐えられるか? 耳穴にゴムで入れるのでむずがゆいかなぁ。
ソニーの業務用ヘッドホンMDR-CD900ST(18000円で買った)は音はいいんだけど耳が痛くなるので、普通のヘッドホンに買い換えようかと思っているくらいなので。
MDR-CD900STの話題

携帯型だからと音質あきらめてましたが、1ビット+4極プラグ+インナーイヤホンだとなかなかいい音が聴けますね。意外でした。
プリセットが非常に豊富にあるのですが、音質濃くしすぎるのもあれなので、とりあえず全ノーマルで聴き続けようと思います。

写真:左が今までのケンウッドDMC-Q55、右が今回買ったシャープMD-DS55
    別売イヤホンの箱がカテカ光ってます(笑)。シャープ製品のシルバーは光沢がお好き。
http://ntd.way-nifty.com/blog/20040721.jpg

| | トラックバック (0)

2004.07.17

タイトルライターという職業

(日経新聞2004.7.16より)
映画の最後のクレジットに出てくる戸田奈津子さんとかの翻訳者名が出てきますが、
あれって字幕の字を書いている人でなくあくまで翻訳のみだったのですね。
新聞に『字幕の妙技銀幕飾る ハリポタ、007など字体から映画感醸し出す 佐藤英夫』という記事。
あの字体を「描いている」映画字幕タイトルライターという職業があって、日本では佐藤さんが有名、というか他に人が居ないらしい。
映画最盛期1970年代でも10人ぐらいの規模。実にマイナーな存在。でもあの独特の雰囲気を出してくれる字は大事ですよね。
佐藤さんは40年この仕事一筋2500本以上を手掛けてきた、という記事。

ひたすら手書きなので手がとても疲れる仕事で、どんなに頑張っても大作1本1週間かかる手間。
細くしっかり画数減らして描く必要があり、原稿用紙にさらさら書くのとは違う。
(小さなフイルムに足し込むので複雑な線は描けない)
でも人が居ないので佐藤さんに仕事が殺到し、ある時は体調崩して倒れて試写会に間に合わなかったこともあったとか。
逆にそれ以外はひたすら描き続けていたわけですから、すごい。

でも時代は変わり、写植活字をそのまま画面に描き込むことが洋画で7割を占めるようになり、
佐藤さんは潮時かと思ったときにシステムエンジニアな息子さんが佐藤さんの字体をマックでフォント化し、
佐藤フォントとして今までより効率的に生成できるようにしてくれたとのこと。
これで一応「筆を置く」ことになったわけですが、もちろんカーニングとか文章のバランスとかのチェックも欠かせない。
あの手書きな雰囲気が良いフォントは佐藤さんのものだったのですね。
だけどクレジットにはタイトルライターの名が出ることは無い。本当の無名のプロの仕事です。
先の洋画も映画がDVD化される時に佐藤さんフォントで訳をつけなおす依頼もあるとか。古い名画で特に。

新作『ハリーポッターとアズカバンの囚人』も佐藤さんフォントを採用しており、
呪文詠唱のとこだけ字体を変えて演出を盛り上げているとか。
そんなふうに佐藤さんは「今後も映画を楽しむお手伝いをしていきたい」とのこと。

タイトルライターもクレジット出せばいいのにね?

参考記事:書体Watcher

| | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年8月 »