« 地球大進化 第6集『ヒト 果てしなき冒険者』 | トップページ | 羽田空港第二旅客ターミナルスペック »

2004.11.30

LycosがスパムサイトをDDoS攻撃

すごい、本当に反撃するんだ…。
ITmedia エンタープライズ:欧州Lycosがスパムサイトを「DDoS攻撃」するスクリーンセーバ配布

私も、スパムメールの目的は広告主サイトに誘導することだから、そのサイトがスパムによって宣伝されている場合にスパム受信者から報復されれば誘導する意義が無くなり、スパムメール業者に金を出さなくなるのではと考えているのですが、
実際正攻法でやるには、不正メール禁止の法律で発信者を取り締まるぐらいしかなく、しかも実効性がてんでない。
未承諾な表記を守っているスパムなんて皆無です。どうして平然と送り続けていられるのか?
取締機関は何やってるのだろう…。

そういう状況を打破するため、欧州ライコスというまっとうな企業がDDoS攻撃で広告主サーバを懲らしめようとするとはびっくり。
本当にやるんですね(笑)、すごいなぁ。
説明に反して内容はおもいっきりDDoS攻撃だと思うのですが、これで「欧州ライコスに目を付けられたらたまったものじゃねぇ」と広告主に思わせればしめたもの。

スパム報復には必殺仕事人に頼めるなら制裁してほしいとも思ってたクチですが、
自ら打って出るこの仕組みは思い切ったアイデアですね(^_^;
私も所詮口先だけなのでびっくりです。しかも自分の貢献度とか攻撃状況も見られるという。これはおもしろいし、ネットに負荷がかかるけど気分的には賛同したいですね。

報復攻撃の戦況マップ
攻撃スクリーンセーバのダウンロードサイトでも攻撃情報がデータマップでリアルタイムに表示され、随時成敗したいURLも募集しています。
もうひとつのポイントは「相手の破壊が目的ではない。だからサーバがダウンしてしまわないように加減をしているのだ。だからDDoSとは違う!」と主催者が主張していること。
この裏には、生かさず殺さずな魂胆が見え見えです(笑)。
悪徳スパム業者のサーバは往々にしてビジネスサーバなので「転送量で課金される」という形態が多い。
だからダウンさせずに徹底的に転送量を増大させて支払額をハネ上げさせるほうが非常に効果的。
悪徳の片棒を担いでいるだろうISPも使用料だけは払ってもらわないとやっていけないので、サーバオーナーとISP管理側で仲間割れもあるかも?
DDOSでない建前、転送量増幅によるリソース攻撃、悪徳業者間の仲間割れ誘発?の一石三丁なナイスアイデアだったわけです。
しかしすぐにキャンペーンは自主中止してしまいましたが。
やはり徹底的にNO!と言うにはこれくらいしないといけない時代なのでしょうね。

|

« 地球大進化 第6集『ヒト 果てしなき冒険者』 | トップページ | 羽田空港第二旅客ターミナルスペック »

迷惑メール」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/2099753

この記事へのトラックバック一覧です: LycosがスパムサイトをDDoS攻撃:

« 地球大進化 第6集『ヒト 果てしなき冒険者』 | トップページ | 羽田空港第二旅客ターミナルスペック »