« 蚊を参考、ぎざぎざだけど痛くない針? | トップページ | canopus MTVX2005で録画 »

2005.03.22

シリアルATAのHDD増設とDDRメモリ

(2007/06補足)
二年後のDDR400メモリ状況。秋葉原の価格値下がりで、6000円/512Mが、3200円な時代に。
http://ntd.way-nifty.com/blog/2007/06/vista_6efe.html

(2005/03)
シリアルATAのHDD&PC3200メモリの増設の様子
今はエプソンダイレクトのMT7500(P4 i915)からツートップのDexter(Athlon64 Socket939 nForce4)に変えたのですが、どちらもシリアルATAのHDDです。
両方にハードディスクの増設をしたのですが、すんなり行きませんでした。
マスターやスレイブ、プライマリ&セカンダリからの呪縛から逃れたはずの新規格なのに。

■1本直結だからシリアル?
HDD1台ずつマザボとS-ATA専用のスリムなケーブルで繋ぐからシリアルなのか。
UltraATAでは、1フラットケーブルに2つのデバイス、マザボに2本のフラットを繋いでいましたが、S-ATAは最大4台接続できるので、マザボ側に4つのケーブル端子がある(MT7500は2個まで)。
これでケーブルがすっきりするかと思いきや、よく考えればCDやDVDドライブを従来のATAで繋がないといけない。
だからマザボは両規格の端子があってむしろ混雑してる。
電源は、S-ATA電源端子も小さくなったのですが、電源ケーブルは1本に数珠繋ぎにUltraやシリアルのドライブ用の電源(4pin)端子がぶら下がっているので細くはない。
結局思ったほどスッキリしてませんね、筐体の中は。

■SAMSUNGのS-ATA HDD
前に報告の通り、Ultra-ATAのジャンパが残っている。サイトを見ても何のためのジャンパなのか意味があるのか不明(工場用と書いてあるだけ)。2台構成だとBOOTでハングしやすい>MT7500
サムソンのHDDをケーブルはずせばちゃんと起動するのだけど。
マザボが悪いのかHDDにスレーブとかの設定?をしなきゃいけないのか原因は不明のまま。

■MAXTORのS-ATA HDD
電源とデータの端子が隣り合ってるので近くてコネクタが挿さらない>MT7500
コネクタのプラスチックを削って無理やり挿した。
WDのHDDも似たようなデザインなので、MT7500の電源BOXのケーブルが悪いのか?

■WesternDigitalのS-ATA HDD
こいつには、UltraATAの名残のジャンパと電源端子(説明ではレガシーパワーと記されてる)がある。
試しに、S-ATAデータケーブル&レガシー電源ケーブルで繋いでみたけど、BIOSで認識してくれず。
ジャンパもHDD表面には「not require」と書きながらマスタスレイブの説明が刻印してある。
関係ないだろうと「工場出荷」で2台目として接続したらBIOSで認識できない。
いろいろ試したところ、ジャンパピンを一切付けない状態でやっと認識。

レガシーの名残、特にジャンパは意味がないのでなく、ジャンパははずしておけ、ということでしょうか。
生産規格の合理化のために残ってるのかと思ったのですが、シリアルをウルトラのIDE接続変換して流用する場合に役立つのかな?


■PC3200のメモリ

昔からSIMMとかパリティありなしとか規格がたくさんありましたが、今はさらに増えている感じですねぇ…買い増す場合は注意しないと。
パソコン買ったときは、BTOで「PC3200」としかないので、バルク品の場合は直接ラベルを見て確認するのが一番でしょうか。
マザボが4スロットで2スロット使用中なのを確認して(あと2枚挿せる)、
ラベルからは「184pin、DDR400、PC3200、CL3、JEDEC…」とか読み取れました。
それで似たようなのを追加注文したのでした。となるとDDR2ではないのかな。
マザボ(ECS NFORCE4-A939(nForce4))の説明を読むと、対応のメモリの幅は広めのようでした。DDR2でもDDRでもいいみたい。
やはり説明書は読まないといけませんね。
出荷時点ではBIOSではなぜか「CL2.5」と手動設定されてるんですよね。でも動いてるからいいか。


■PCケース

CoolerMaster PRAETORIAN(シルバー)で、デザインは結構気に入ってます。
特に、フロントのHDDアクセスランプが青色LEDで明るくて綺麗です。
メモリカードリーダ付きFDDもコンパクトで便利。フロッピーアクセスで緑、メモリカードで赤色にLEDが点灯します。
あと、リセットボタンも重宝します。昔のパソコンには常設だったのに、今のwinパソコンにはめったにありませんから。でも役立つのはハングした時なので使う機会がないほうが良いのですが。
さすがに中身も広い。だからでかい。机の上には置けませんね…。
ちょっとファンがうるさいかなぁ。フロントとリアと上面の3箇所のファンがあるのですが、頭頂部のが気になる。
写真のコメント文は間違っていて、写真のファンは鎌力電源のファンです、すいません。


■価格メモ

メモリ:184Pin DDR SD-RAM PC3200-512MB 400MHz (JEDEC) 単価:5980
S-ATA HDD:WD1600JD Western Digital 160GB 8MBキャッシュ 単価:9390
SerialATAケーブル 45cm 単価:441

|

« 蚊を参考、ぎざぎざだけど痛くない針? | トップページ | canopus MTVX2005で録画 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/3383290

この記事へのトラックバック一覧です: シリアルATAのHDD増設とDDRメモリ:

« 蚊を参考、ぎざぎざだけど痛くない針? | トップページ | canopus MTVX2005で録画 »