« 映画『SWING GIRLS』と『ブラス!』 | トップページ | 栃木:地方UHF局のデジタル放送チャンネルは? »

2005.04.19

sonyNW-E40xのLSIはiPODの三倍長再生

(2005/9/22日経産業)
TDKの記事が出ており、あのウォークマンスティックは、TDKの有機ELパネルが使われているそうで。
従来の車載用よりも仕組みや材料を変えて安く小さく実装できることを実現。
明るさ等表示性能には妥協せず、寿命も5万時間超。
有機ELでは光っているところだけ電気を使うので省電力にも有利だそうで。(液晶のバックライトは全面光り続ける)
まぁそのかわり外光での視認性は非常に悪いので屋外では見えませんけど(汗


(2005/4/19日経産業新聞)
4月18日にソニーは今週発売予定の新ネットワークウォークマン(NW-E507等)のシステム技術を紹介、その記事が出ていました。
NW-E500/400シリーズのデザインは化粧水瓶をイメージしたものでおしゃれなスマートなデザインに思えるのですが、中身もすごいんですという内容。
それは「低消費電力システムLSI」が要となっているそうです。
店頭に並んでいるPOPを見てもスペックはどのmp3再生機も10時間台ばかり。そんな中で50時間は別格。
NW-E507買ったのですがバッテリーはよく持ちます。看板に偽り無し。通勤時間にちびちび聴くぐらいだと1週間2週間は持ちます。
しかし他社がしょぼいというより、こんな小さなスティックで50時間のほうが驚異的ですね。

特長
*VME技術(バーチャルモバイルエンジン)のシステムLSI。
 汎用LSIと違い、動作ソフトに応じて瞬時に内部構成を変化させる。
 (動的再構成機能:リコンフィギュラブル)
 民生向けで珍しい技術。電力消費を抑えながら効率よくデコードを行える。
*リコンフィギュラブルの機能により、複数の音声エンコードに対応。
 今回から初めてmp3に対応したのもこの恩恵による。
*結果として他社競合製品よりも3倍のバッテリー駆動時間を実現。
 具体的には、1ギガバイトiPODシャッフル連続再生12時間→NW407で50時間
 iPOD(HDDタイプ)→NW-HD5(20G)が3倍以上の40時間

しかし今回の記事での一番のトピックは以下の点かもしれません。
「このVMEシステムLSIは2年以上前からウォークマンに採用されていた1千万個出荷実績のあるLSIだった。その動的再構成機能を今まで活用せずアトラック再生のみに使っていた。外販もしていない。ソニーが独自音声形式にこだわってきたための宝の持ち腐れだったのである」
4月21日、新ウォークマン発売です。(3月の丸っこいのはデザイン的にパス(笑))

|

« 映画『SWING GIRLS』と『ブラス!』 | トップページ | 栃木:地方UHF局のデジタル放送チャンネルは? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/3766036

この記事へのトラックバック一覧です: sonyNW-E40xのLSIはiPODの三倍長再生:

« 映画『SWING GIRLS』と『ブラス!』 | トップページ | 栃木:地方UHF局のデジタル放送チャンネルは? »