« イッセー尾形とフツーの人々 | トップページ | ひまわり6号仕様、5号終了 »

2005.07.20

ネットゲームアイテム闇取引

(2005/7/19 時事)
ネットゲームでの経済格差が実際事件をまた起こしているようです。
それにしても警察が介入するまでプロバイダは何もしてなかったのでしょうか?
P2Pを超低速度でQOSとかするISPも増えている時代なのに、
中国とリネージュ限定なトラフィックを迷惑にも疑問にも思わないとは。

中国からの大量アクセス中継=ネットゲームに誤作動−26歳留学生逮捕

人気ゲーム「リネージュ2」への大量の不正アクセスを取り次ぎ、ゲームサーバーに障害を与えたとして、香川県警生活環境課は19日、電子計算機損壊等業務妨害の疑いで福岡市博多区東比恵、中国人留学生王祥★容疑者(26)を逮捕した。(★=王ヘンに奇)
調べでは国外からのアクセスが制限されている同ゲームへの接続を可能にするプロキシサーバーを自宅などに構築。3月6日、中国からの大量アクセスを中継し、ゲームサーバーに誤動作を生じさせた疑い。
中国の利用者は、ゲームに参加するためのIDをネット上などで不正取得。ゲームの中で仮想通貨「アデナ」を稼ぎ、買い取った王容疑者がネットオークションで愛好家に転売、現金化していた。
中国語版も配信されているが、同通貨を高く売るため、日本版が狙われたとみられる。
香川県内の少年(18)が自分のIDが使えなくなったと県警に届け出。同課がゲームを運営・管理する東京都内の会社の通信記録などを調べた結果、大量アクセスを中継していた王容疑者のパソコンが特定された。


(日経産業新聞2005/7/1)
連載記事『ネットの闇 攻防最前線 5』

海賊版やハッカーとかネット社会の暗部と戦う人の連載ですが、
今回はオンラインゲームでの不正ユーザーの話でした。
私はラグナとかネトゲは全然やったことないです。

オンラインゲームでは、仮想通貨やレアアイテムを獲得するのがプレイすることそのものですが、その面倒さと希少価値から、リアルのお金でそれを売買する闇取引が以前から問題視されています。
運営会社は禁止にしているが、専用アングラサイトで取引契約し、ネットゲームの隅っこでチャットで落ち合って取引成立、リアル社会での闇取引そのものをゲーム世界でもやれているのがなにか不思議な感覚です。

■RMT
リアルマネートレード。今ではレアアイテムも含めて、個人が懸命に収集してRMTにかけるのではなく、専門業者!?がアルバイトを雇ってそいつらに集めさせるブローカー方式で大規模に商売しているとか。
別の新聞記事で読んだことありますが、リアルの国家間では経済格差があるため、そのアルバイトは貧しい国のプレイヤーだそうで、せっせと稼いで業者に渡し、業者が金持ち国のプレイヤーに売れば本物の商売として成り立つとか。
同じ日本人が余剰品を譲る…というレベルではもうなくなっているようで。
記事ではFFの相場は、「100万ギル=340〜500円」とありました。

■BOT
新聞記事ではいろいろキーワードも解説され、一番の問題はBOTだそうで。
自動で狩るとか、ある程度会話できてBOTとは思えない偽装する凝ったルーチンに進化している、までは以前から知られてますが、
今時のBOT問題とは、
*良狩場に業者BOTが集中、一般プレイヤーが入れず迷惑している
*一般プレイヤーが業者と対決、追放キャンペーンが発生したりする
*さらに業者間で縄張り争いの抗争も発生する始末

■GM
ゲームマスター。
24時間監視している最大権限を持つ運営側プレイヤー、と書かれてますが、
休みのないネットだからGMもちゃんと24時間体制なのでしょうか。
不良プレイヤーを制裁することができるとのことで、具体的には牢屋画面に飛ばすそうで、そこで説教すると書いてある。
そこまでするのか?(笑)
しかもプレイヤーの国際化に対応し、説得のため日米二カ国語とかバイリンガルなGMによって説教するらしい(笑)。

■PK&MPK
プレイヤーキル。
PKの問題も昔からありますが、システムとしてそうできるようになってるんだから仕方ないし、
そもそもそういう仕組みがなければ問題なし、
…と私は思っていたのですが、PK機構がないゲームでは、
悪質プレイヤーが強いモンスターをおびき出し一般プレイヤーのところまで引き回すことで一般プレイヤーが巻き込まれて死亡、そこでドロップしたアイテムを奪うという「MPKモンスタープレイヤーキル」という手口もあるそうで。
…よくまぁ考えるよなぁ(苦笑

■メーカー運営会社の対策状況
FFの場合、2004年12月に800件を強制退会させたそうで。そんなに多いのか…
スクエニは今後もゲーム治安維持に注力するとしているが、記事では焼け石に水状態と評されていました。
ネトゲやってる友人もこの数は少ないと言ってました。


もともとそういう狙いもあるのでしょうが、ネットゲームが実社会の縮図になっています。
場所や手段が変わってもそれらを参加して動かしているのが相変わらず人間だから、でしょうか。
電子掲示板だからって、リアルのオフ会より社交的に優れてるとか無いわけですから、ゲームチャットだからって理想郷になるわけでもないか。

|

« イッセー尾形とフツーの人々 | トップページ | ひまわり6号仕様、5号終了 »

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/4782688

この記事へのトラックバック一覧です: ネットゲームアイテム闇取引:

« イッセー尾形とフツーの人々 | トップページ | ひまわり6号仕様、5号終了 »