« 強化されてゆくniftyの迷惑メール対策 | トップページ | 成果主義は年功序列より勝るのか? »

2005.08.03

栃木:宇都宮ブック戦争2005

(2005/8/4 日経産業新聞)
■書店の売上高8年連続減少〜中小書店落ち込む
記事によりますと、
・日本出版販売まとめ。522店舗調査。2004年は前年比2.9%減。8年連続低下中
・原因はインターネット普及による雑誌系の不振
・中小書店ほど雑誌に依存しているのでダメージが大きい
・面積当たりの月間売上高は前年より1万低い18万2000円/3.3平方メートル
最後には「駅周辺に大型書店が進出しているが売上の貢献は面積に比例せずに小さいことを示す」
と解説されていました。
つまり、業界的に不景気で大型書店は売上高が高いが総面積が広いからであり、面積当たりの儲けは良いわけではない=最高の立地条件であって大型であっても儲かってはいない、ということか。
大型書店も専門書コーナーは誰もいない。
中小が淘汰されて大型書店が宇都宮でもかなり増えたのに、全体が相変わらず下がってるようで。

■宇都宮の書店の最近
一番広いのは長崎屋。
その下に、紀伊國屋→駅前新星堂→2階新装八重洲→東武デパートがダンゴ状態の広さ。そう大差ない。
しかしキクヤも1.3倍広いか?ぐらいであまりすごいとは思わず、品種ラインナップ的には一緒。
よほどゲーム雑誌に限れば、新星堂が一番、その上にあるヨドバシが二番、TSUTAYAが三番。
もっとオタクな雑誌ならメロンとアニメイトが充実、というところか。
八重洲は結構奥まったところにあるのでバス停から新星堂に行くのとあまり変わらないなあ。
だからヨドバシも一緒に回れるので新星堂の利用が私は多いかも。しかし徐々に新星堂は封をしてあるのが増えてきて立ち読みが難しくなった。マンガ月刊誌も紐で縛ってるし。
紀伊國屋、キクヤには全然行ってません。

(2005/4/27下野新聞)
ITとゲーム書籍&雑誌でいえば、ララスクエアのヨドバシカメラも充実してました。しかもここだとポイントが付くし。
そんな中で新聞記事では
「加熱する市街中心での大型店競争に既存書店困惑」
宇都宮市ではこの20年で約40→20店と書店は半減してきたとか。
そんな中で今年に大型店が増えて共倒れにならないか?小さな書店は大変だ、という内容でした。
大型店の「今更に進出する理由」を取材したところ…
*駐車場が少ない点は織り込み済み。人が来ない現状は自分の力で開拓する
*今後の中心街再開発に期待している
*東京まで買いに行く手間を考えると需要はあるはず
*駅前なので会社帰り客の文庫買いとか見込める。駐車場無くても立地はよい
などというものでした。
八重洲はリニューアルオープン時は今までの2倍の売上があり、手応えあったとか。
既存中小書店とか書店組合は、「異常事態だ」「打撃を受ける」「大型店の集客力効果がはたしてあるのか」
とか懐疑的困惑の様子。だけども特に対策を打てるわけではなく、静観するようです。

(2005/04/08追記)
ララスクエア宇都宮オープンで新星堂に行ってきました。
宇都宮紀伊国屋書店と同じくらいの広さかな、喜久屋書店より一回り狭い。
DVDやCDは全ジャンル小振りに併売してました。喜久屋書店よりは品揃え多い。
(アニメCDはCDコーナーでなく、アニメDVDの隣にあるので注意)
同じフロアの山野楽器店はギターとかたくさん並べて品揃え頑張ってる様子。
そして、一番の新星堂のアドバンテージは、『本に紐やカバーかけてないので立ち読みできる』
今だけなのかどうか不明ですが、コミック単行本とかほとんどはカバーが無い。なので学生達がコミックコーナーに群がってましたね。
(2005年夏には徐々にシュリンク化が全域に行き渡り、新星堂のコミックコーナーには学生の姿がパッタリ途絶えてました(笑))
アニメやゲームの月刊誌で付録あるのも紐で縛ってありますが。

(2005/3/20追記)
オープンした喜久屋書店に行ってきました。
2フロアといっても、実際は6階がアニメマンガ専用で6階全部を占有してない。展示会とかのイベントスペースがメインになっている>6階
しかしマンガアニメフロアは、CDやDVD、キャラクターグッズ、ケースの中でフィギュアも売ってました。
コミックは単行本が他店より1.3倍床ってところか。アニメ専門雑誌は同じオリオン通り商店街のメロンブックスやアニメイトのほうが充実してるかも。
5階の一般書籍は、事典や専門書とかやはり一番の在庫を揃えている模様。
逆に雑誌月刊誌は増床には見えず。コンピューター系雑誌もひととおり揃っているが逆に特に優れているというわけでもなし。秋葉原のほうがいいでしょう。
通路は広めでゆったりしており、通路には椅子まである。座り読みOKというわけです。

(下野新聞2005/2/21)
宇都宮のラパーク長崎屋に大型書店が入るらしい。
しかし大型書店は品揃えが多いのだけどそれでも意外と自分の欲しい本は置いてなかったり。
なので私はamazonで買うことが多かったりします。

喜久屋書店___ラパーク長崎屋5&6階_2005/03/19新規。北関東最大床,70万冊
新星堂書店___ララスクエア5階____2005/04/08新規。音楽併設。500坪30万冊 
ヨドバシカメラ_ララスクエア6&7階__2005/04/23新規 デジタル,ホビー雑誌
八重洲ブックセンター パセオJR駅ビル_2005/04_2階移設増床 300坪,15万冊
紀伊国屋____パルコ_________既存中央商店街大型店
落合書店____東武百貨店東武駅前___既存駅ビルデパート内店

八重洲が2階になるのは近くなっていいかも。他の既存店はビルの奥まった&高層のところなのでちょっと遠い。
しかし品揃えはどんぐりのなんとやらになりそうな気がしないでもない。でも競争は歓迎。
私は、パソコン&ゲーム誌が読みたいのですがなかなか…。

|

« 強化されてゆくniftyの迷惑メール対策 | トップページ | 成果主義は年功序列より勝るのか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/3022400

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木:宇都宮ブック戦争2005:

« 強化されてゆくniftyの迷惑メール対策 | トップページ | 成果主義は年功序列より勝るのか? »