« トイレ家電化、ペーパー自動切り機登場 | トップページ | 迷惑メールの発信源はネットカフェからホテルへ? »

2005.09.30

ネット配信と音楽CDの利益配分比率

2005/9/28日経産業新聞に記事が出ていたのですが、なぜなかなかネット配信に曲が乗ってこないのか?
そこには利権者たちのしのぎをけずる争いがあるから…という話。

その中で、今のCDの利益配分の説明がありました。
*税抜定価の6%が著作権使用料
*ジャケットやケースなど製造費を引いた額の10〜18%が『原版印税』
*マスタ音源(テープやファイル)を制作した者たちは、作詞作曲とは別に原版権を持つ
*原版権に送信可能化権も含まれている。ここの許可がないとネット配信等できない
*消費税とか上記もろもろ費用を引いた残りがレコード会社の取り分
*レコード会社分に流通、ショップ、販促宣伝、スタジオや音楽家マネジメント費用含む
*著作権6%はJASRAC規定。JASRACが手数料引いた残りを作詞家作曲家で折半

ネット配信では新しいビジネス構造を作り出そうというわけで、
強力な原版権を持つ側(日本の場合は有力アーティスト事務所)がこれを好機とみて、新しい利益配分を主張してるため、いろいろゴタゴタしていると記事にあり。
要は実体が無いのだからレコード会社取り分を減らせと言い、レコード会社側はCDと同じ比率を主張してるとか。
ここでとある事務所側の主張例があって、
*パッケ製造費は本来ゼロだがお情けで?『配信控除』としてCDの50%は認めよう
*そのかわり原版印税は配信控除後の額の33〜50%とする
*以上の残り分がレコード会社へ

あくまで記事では「ざっくばらんな配分説明」と断ってます。状況とか力関係でこの比率は不定だからです。固定なのは消費税とJASRAC税?の部分ぐらい。
以上をなんとかグラフ化してみました。
CD利益配分グラフ

シングルCD製造費を1割、原版印税をCDで15%、ネット配信で48%程度と仮定。
計算しやすいようにマキシが1000円で、配信が200円単価としました。
確かにレコード会社分が減らされるのでこの「提案」は受け入れがたいでしょうね(笑)。

もっと詳しく精査考察しているサイトがありました。
http://mainasu.egoism.jp/ud/archives/2004/05/24/1941-39.html
ここでは製造費を7%以下としています。
このサイトで指摘されているように、マネジメント&プロモートするレコード会社としてはその費用を回収する必要があるので、ネット配信でも宣伝とかはするのでやはりゼロ円にはならないこと。
いわゆる喫茶店のコーヒー1杯だけでなぜ高いのか?と同様に、成果物がCDだろうがバイナリファイルだろうが人件費はそんなかわれないということらしいです。
新聞記事では、そういう人件費とか目に見えやすい必要経費のために、創作活動そのものへの対価が評価低かったため、今回を機に創作行為対価のバリューアップをしたいというクリエイター側の意向も伺えます。
考察サイトでも指摘されてますが、現状のCDでの著作権者への著作権料や原版印税の取り分は小さいのは確かですし。

こういう感じで利益分配で争っているのが現状だそうです。なのでネット配信は歩みが遅いし安くも無かった。
iTMSの大成功を見てしまった現在、争うよりもネットという売り場に特売で早く出すことが得策だと思ってくれるといいのですが、はてさて。

|

« トイレ家電化、ペーパー自動切り機登場 | トップページ | 迷惑メールの発信源はネットカフェからホテルへ? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/6178260

この記事へのトラックバック一覧です: ネット配信と音楽CDの利益配分比率:

« トイレ家電化、ペーパー自動切り機登場 | トップページ | 迷惑メールの発信源はネットカフェからホテルへ? »