« 亡国論のイージスとパトレイバー2劇場版 | トップページ | インターネットカフェが増えている理由 »

2005.10.14

和歌山で不思議生物『ハテナ』発見

分裂中のハテナの写真
時事通信■半分動物、半分植物=不思議な微生物、和歌山で発見

 他の微生物を食べる鞭毛(べんもう)虫なのに、藻類の葉緑体を取り込むと捕食装置が退化し、植物として生きる不思議な微生物を岡本典子日本学術振興会特別研究員と井上勲筑波大教授が発見し14日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 仮に「ハテナ」と命名されたこの微生物は、植物への進化過程にあり、数千万年後には完全な藻類になる見込みだという。 ハテナは2000年夏、和歌山市の砂浜で採集した藻類の中に偶然交じっていた。小判形の本体(長さ約0.03ミリ)の前にある鞭毛を尺取り虫のように動かして移動する奇妙な動き方だったため、興味を持って電子顕微鏡で見たところ、植物で光合成をする葉緑体があった。 この葉緑体は、ネフロセルミス(藻類の一種)を食べて取り込んだと判明。しかし、増殖のため2つに分裂するとき葉緑体を分割できず、片方にしか引き継げない。葉緑体がない方には、再び捕食装置が生じ、また藻類を食べて葉緑体を取り込むことが分かった。
 ハテナは福岡県の砂浜でも見つかっている。井上教授は「植物はもともと、原始的な藍藻(らんそう)から葉緑体を獲得したが、その植物がまた別の生物に取り込まれ、多様化したと考えられる」と話している。

学研の科学雑誌に超低温や沸騰湯、乾燥、アルコール漬けにも耐えるユスリカの幼虫が教材付録になるというニュースがありましたが、(種子のように堅牢だが水に浸すと1時間で活動を開始し成長するらしい…)不思議な生物はいろいろいるものです。
ヒトだって消化のために体内に菌を住まわせるので葉緑体ぐらいで驚かないにしても、無くなったときだけ取り込み口が復活するとかのギミックに感心するわけです。いわゆる飛行機のタイヤ収納とか、無駄な通信ポートを閉じるステルスモードのADSLモデムみたいなスマートさです(笑)。年中身体じゅうの穴が開きっぱなしーな私のようなヒトと違います。たくさん入ってもたくさん出て行って結局中には残らない。自己完結できないのがハテナと違う。
ヒトはビフィズ菌の増減を感じとって意識して獲得補給するなんてしませんが、ヤクルトを飲みたくなるのにも実はハテナみたいな理由があったりして?
葉緑体を貰えない場合があるって遺産相続に破れた親族みたいで、貰えなかったら「ああ…葉緑素確保せんといかんなぁ」とクチを復活させて捕食活動再開。負けても実に前向き。しかも自分の中がからっぽだと自覚しているわけですし。なんかドラマチック、偉い(笑)
写真にあるように、「はてな」は分裂時に葉緑体を片方に寄せて、葉緑体の無いほうで分裂して相手には葉緑素を意図的に?引き継がないようにしています。そんな凝ったギミックやるなら普通に真ん中から二分すればいいのに(笑)
ハテナは植物より前の世代と見られ、葉緑体と一心同体(植物)になる前の段階だからこのような行動になっているらしい。

カテゴリ:動物ネタ
蚊を参考、ぎざぎざだけど痛くない針?
トカゲの水上走行のひみつ
優秀種と国産ブロイラー
働きアリとうっかり八兵衛の組織的関係

|

« 亡国論のイージスとパトレイバー2劇場版 | トップページ | インターネットカフェが増えている理由 »

科学技術・宇宙」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/6392234

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山で不思議生物『ハテナ』発見:

« 亡国論のイージスとパトレイバー2劇場版 | トップページ | インターネットカフェが増えている理由 »