« プラネタリウム『ホームスター』とドラマ『星に願いを』 | トップページ | 土星衛星タイタン探査機カッシーニ撮影と石油 »

2005.11.09

レガシーと随意契約への回帰

(2005/11/9追記)
回帰ネタで11/8の日経産業新聞に
『さよなら間仕切り オフィスが変わる 働きやすさを求めて』
と題して、職場の机が個人パーティションを切っていたのを廃し、従来の島形整列で広いフロアに戻して効率アップ♪という事例紹介がありました。
テレビでみているとヤフーとかの職場はアメリカっぽいパーティションに分かれてますね。私がシステムセットアップに廻ったIT研究所な職場もそうでした。壁に家族の写真とか貼ったり、ディスプレイの上に食玩フィギュアを並べたり。
なんか「個」を尊重して邪魔されずに専念できるとかなんとか>パーティション
それで結局今度はそれをやめてるのが流行ってるらしいという記事でした。
フェイストゥフェイスで気軽に情報交換、場に活気が出た、プリンタとか共用で効率化とかベタ褒め。

だったらパーティションなんかで区切らなきゃよかったのに(笑)

大企業だと組織改編もよくあります。うちの会社は数年おきにやってるのではないか?
その度に担当名が変わってきた。仕事内容も勤務先も変わらないのに。名刺や封筒の印刷業者が儲かるだけではと思えるぐらい(笑)。
しかも改組を考える部署が社内説明会で「今回組織を中央に集約することで従来より生産能力をアップ、地方の支社を統廃合して費用も合理化でき…」と言ってましたが、数年前に「全国に展開しお客様に密着したきめ細かなサービスのため…」って支店支社を乱立させてきた部署はあんたじゃなかったのですか?と。
平気で自分の過去のことを悪の踏み台にして理想をかかげてる。じゃあ過去を失敗と認めるならその責任取ってくれるのか?
説明会で「今度の改組で儲かる体制になると言うが、そうならなかったらどーするんですか?前体制だって『今度こそ良くなる』と言っていたじゃないですか」とツッコミ入れてみましたが今度の成果やいかに。
私の経験では名前だけ改称しても全然意味も効果も無いと思います、ハイ。


(2004/9/30)
最近は総務省はITでなくICTと呼んでますね。情報通信技術ということで。
2004.9/30日経産業新聞の連載記事で、情報システムと政府調達見直しのはなしが出ています。
政府がレガシーに金がかかりすぎているので随意契約からの脱却を目指している、
というのは既にみんな聞いたことがあるかもしれません。ダウンサイジングとかオープン化とかの旗振りのもとで。
ところが、今回の記事では
「システムでは最大規模の社会保険庁のシステムの刷新可能性調査にIBMビジネスコンサルが5億6700万円で受注」などとあり、
コストダウンする調査そのものに政府はすごいお金をかけていることを報じていました。
成果物は紙レポートな仕事で5億円ですか。
こういう調査に職員調査委員会ではなくて専門家を雇うのは、欧米のマネなわけですが、
実はその先進な欧米の最新の調査では、
随意契約が増加している、分割小規模でなく一括での発注も増えているとか。
その理由は、
金の安さばかりにとらわれていて、安全性がおろそかになっていた。お金が少々かかっても信頼性の高いシステムが望まれている、
分割発注開発では完成時の結合エラーや工期の長期化でスムーズなサービス提供にも障害になる、
人手を頻繁に広く入れ替えると機密が漏れるのでセキュリティ的にまずい、
などなど。
なので、日本も行き過ぎたレガシー撤廃風潮に危惧する、という記事内容でした。

なんか結局元に戻っている感じですね。
昔はC/Sで負荷分散とか言われながら、今は共通基盤やASPやWEB化といったサーバ集中型に形態も回帰しています。
この形態は、元は汎用機でやっていたもの。
私も汎用機触ってきて、これの処理能力の高さと超安定な動作には感心しているので、UNIXでは大型システムはかなり不安です。
UNIXシステムも作ってきましたが、プロセス異常でゾンビ化し再起動すれば回復する、という原因がわからない不調が多かったです。
もちろんプログラムがまずいのでしょうが、どうまずいのかが見えないのが困る。
汎用機は全エラーに番号が振ってあって、異常時には必ず明快な理由を示してくれるのでデバッグしやすいです。
なので、予算を考慮しなければ、汎用機がいいなと思っています。
最近汎用機もすごく安くなりましたし。(それでも千万、億の単位ですが)
開発請け負う側としても、一括のほうが全体を見渡して開発できますし、
予算も多いと開発リソースを集めやすいですし、値引きもしやすいですしね。
汎用機開発でも適正な価格で商売するメーカーさんもいるだろうから、
そういう善意のメーカーであれば随意契約してあげていいのではないでしょうか。
今は高費用だけで悪にされているきらいがあります。

|

« プラネタリウム『ホームスター』とドラマ『星に願いを』 | トップページ | 土星衛星タイタン探査機カッシーニ撮影と石油 »

IT・汎用機」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/1565940

この記事へのトラックバック一覧です: レガシーと随意契約への回帰:

« プラネタリウム『ホームスター』とドラマ『星に願いを』 | トップページ | 土星衛星タイタン探査機カッシーニ撮影と石油 »