« 神奈川県警『半兵衛』システムが難事件解決 | トップページ | 私的録音録画補償金制度では誰も幸せになれない »

2006.01.09

自治体の93%は電子投票の予定無し

自治体の93%は電子投票の予定無し
2005年12月末総務省発表(8月調査)によれば、全国の市区町村自治体では「電子投票を採用しない」と答えたのは93%だったとか。
自民党のワーキンググチームは2007年参院選での電子投票導入を進めていたが、理解が進んでない状況。

その理由は、
*費用が高い
*システムが信頼できない
*国政選挙で採用されてない

私は特に2番目の『信頼性』が気になってまして、
過去の国内の地方選挙で導入されたときのトラブルの多さにびっくりしてました。
確率的にゼロではないのは仕方ないとしても多すぎ。しかもほとんどがハード的「動かない」トラブル。
特に熱暴走とか聞くと「はぁ?なんで?」となります。
たかがタッチパネルで名前を選んでCFに記録保存するコンピュータが熱暴走するのだろうか。
ベンチマーク走らせているわけでもないし、ビデオカードやCPUに最上級の周波数が必要でもないし。
扇風機で機器に風を当てながら対処したとかの記事を読んで悲しくなりました。
グループウェアやWEBサーバが「熱暴走で某県庁サーバが」とか聞いたことが無いのに。たかが選挙システムで暴走するって、選挙システムってどんな仕様やねん!みたいな。
あまりにも情けないトラブルであり、かつ、頻発させてきたからには、2006年のいまになってもこれだけ不信度が高いのは当然か。
WEBとかメールとかグループウェアとかIT化推進は自治体必須事項になって、データセンター共同化とかシステム共通基盤とか高度化も進んでいる中で、投票システムだけは93%もそっぽ向かれている。

ハードメーカさんも「動かない投票システム」を早く解消…って、
やっぱり私にはたかが投票で熱暴走するシステムって想像できない。
私の自宅パソコンは解析ソフトが一年中常駐して24時間100%CPU使用率で運転してちゃんと動いているのに。アスロンのFX55で22万円なデスクトップ。
投票時間内すらも持ちこたえきれないハードってどんなだ?

情けないなぁ…

|

« 神奈川県警『半兵衛』システムが難事件解決 | トップページ | 私的録音録画補償金制度では誰も幸せになれない »

IT・汎用機」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/8068390

この記事へのトラックバック一覧です: 自治体の93%は電子投票の予定無し:

« 神奈川県警『半兵衛』システムが難事件解決 | トップページ | 私的録音録画補償金制度では誰も幸せになれない »