« AceCombat04 ShatteredSkies | トップページ | 陸自×九州電力=自衛隊西部方面隊特殊車両空挺団? »

2006.02.07

NTTが救った東証CIO、公募するも応募者ゼロの窮地

これがまさに『火中の栗を拾う』ってやつでしょうか。

- nikkeibp.jp - 企業・経営
NTTが救った東証CIO、公募するも応募者ゼロの窮地


トラブル続きの東京証券取引所に2月1日、CIO(最高情報責任者)としてNTTデータ・フォース出身の鈴木義伯氏が就任する。
昨年12月に東証の西室泰三社長兼会長が突然発表した「CIOを公募」という異例の人事は、約1カ月であっさり決着したように見える。
だがその舞台裏は、応募者が誰もおらず、西室会長自らNTTに依頼してようやく決まった難航人事だった。しかもNTT内でも「誰もやりたがらない」(NTTグループ幹部)という状況下で、関係者が奔走して決めたドタバタ劇だった。

ただの偉い人を招聘しても実効性がないので、偉い+実績+第三者な資格もあるという人材が必要。そんな人がいたら東証に派遣せずに自社に置きたいでしょう(笑)。
今回はデータフォースの社長さんなのですから、その自分の城を離れてまで救援に行く心境察してあまりあるところです。
国際監査資格もある実力のある人を社外に出すのは人財的損失で痛いところ。

記事では「これでNTTデータが東証に食い込めるビジネスチャンス」と書いていますが、実際はそうはいかないものです。
大手IT企業の人ならおわかりでしょうが、大手ベンダーは開発で官公庁にお伺いするのとは別に、社員を公務員として官公庁に派遣、逆に公務員を社内に受け入れて社員として従事させる、という交流人事をやっています。

総務省2005年の交流状況
http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050330_4.html

さすがにCIOレベルでは滅多にやりませんが、お付き合いのためにお客様にノウハウを提供貢献するという、江戸時代の参勤交代な習慣があります。
「これで大手ベンダーが有利になるのだからずるい」と言われそうですが、実際はそのように後ろ指さされるので自重するのが実態かと。
自社が職員派遣した部署では自社のシステムの売り込みは消極的になってしまいます。その社員出向がいかに社会的貢献で儲け主義でないという自社の懐の広さをアピールするためには、営業をセットにできないわけです。
派遣社員は公務員職員の名刺&身分で従事し、時にはライバル会社の提案システムを審査することもあり、当然職員になりきって出向先の最適ソリューションを求める行動をとります。イジワルとかせずに。
(イジワルせずとも無責任な営業には反撃を。MSaccess97当時の業務アプリをXPで動かすに改造何百万円とか言ってくる。「へぇ、じゃあなんでaccess97のmdbはXPでそのまま動かないの?」と返すと答えられない。そういう用心棒?として公共団体は人材受入したりしてるわけです)
そういうふうにできるのも、大企業からの派遣だから自分ひとりがライバル会社に有利に融通したところで自社から文句は来ない保証があるから。
ライバル会社も「なんで職員の中にやたらITに詳しい奴がいるんだ?これはうかつな事言えないぞ」とか緊張してくれる&騙せない効果もあり。
官公庁以外でも、外郭団体や地方公共団体でもそういう人事交流をやっています。
程度は小さくても民間同士の交流もあります。
外国から日本企業に技術研修に来ますが、あれもタダ当然で外国に技術を渡しているわけですが、国家間交流として特許や国際競争とか言ってられない事情があるわけで。
なのでライバル企業でも敵対視ばかりしてなくて部分的には社会全体のために協同したりする。

NTTグループもそういう交流の伝統があるので、
あんまり旨みがない、いや、逆にリスクが高いだろう派遣を今回OKしたんでしょうね。
元から証券システムに強いわけじゃないし、東証のシステム作るとなったらNTTの名誉にかかわるので採算度外視してでも完成度を非常に高める必要があるし。
CIOの下には何人かNTT社員を付けて派遣するらしいですが、彼らの給与は東証が負担するとしても、CIO活動でつぎ込むノウハウやマンパワーはNTTデータ側の手弁当自前持ちになるんでしょうねえ。

最上級人材提供による機会損失&儲からない話ですが、そういう話も請け負うことで社会的貢献し間接的に自社のアピールになる。そうしたまどろっこしい活動ができるのも大企業ならでは。
私も、とある身分で活動しておりますので、今回の話を「うわあ、大変そうだなぁ」と人一倍感じている次第です。

今の東証社長さんも東芝由来なわけで、東証自体に本当に自力で責任取れる人材が社内に居ないの?というところからして東証の体制の弱さが垣間見え、そんな組織に重要システムを任せている日本も…。
あまりにも心許ないのでITベンダーや証券会社もゆくゆくは自分のためにと協力しそうですが、まさかCIO公募がゼロだったとは。

拾おうとしている火中の栗は、炭化しちゃっているので誰も欲しがらないのかもしれない…

|

« AceCombat04 ShatteredSkies | トップページ | 陸自×九州電力=自衛隊西部方面隊特殊車両空挺団? »

IT・汎用機」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/8546075

この記事へのトラックバック一覧です: NTTが救った東証CIO、公募するも応募者ゼロの窮地:

« AceCombat04 ShatteredSkies | トップページ | 陸自×九州電力=自衛隊西部方面隊特殊車両空挺団? »