« 新聞謹告:GISは伊予エンジニアリングの特許だった? | トップページ | グラフで見る音楽著作権の儲かり度 »

2006.02.21

栃木:東武宇都宮百貨店大規模改装で高級路線へ

下野新聞に来月2006年3月に行われる東武デパートの改装の全容が載っていました。
・郊外SC(ショッピングセンター)との差別化で高級路線
・栃木県初ブランド20個を投入
・閉店時間を19:30まで30分延長(月〜木曜)
・対象床はB1F〜2Fの服飾と食品
・投資額17億円
・ルイヴィトン増床、宝飾品時計も取扱開始
・県内初でコーチを開店
・洋菓子アンリシャルパンティエ、和菓子鶴屋吉信を開店。食材も高級に取り揃える

これらの戦略は、新聞では「宇都宮市市街地から西武やロビンソンが撤退し、もはやデパートのライバルは市街に居なくなったため、対抗を郊外のSCに移したゆえの方針」とあり、都市型百貨店の戦いだと締めくくられていました。
が、
東武宇都宮駅と一体なデパートで、JR宇都宮と離れるので、そっちの人の流れを呼び込むのは大変だし、
そもそも仕事帰りに買いやすいように延長って、それでも19時半で閉店するのは早い。この前オープンのララスクエアは21時過ぎまでやってるのに。
それに高級路線って「じゃあ会社帰りにちょっと東武に寄ってコーチのバッグ買っちゃおうかな?」って思うものなのか?(^^;
だいたい東武宇都宮駅って庶民駅で学生とか多く、周りには高層ビジネスビルとか無いし成金やセレブな人が居るようにも…。
上野百貨店とか西武デパート、109とか無くなって半分は空きのまま、入っても小規模テナントの集合体で、もはや総合デパートは確かに消えてますが、それって別に東武デパートの攻めの勝利で追い出したわけでもなさそうな…

東武は当然この改装により売上増を見込んでいるわけですが…商売のプロですから根拠があって高級路線に転身するのでしょうが、新生のララスクエアも県内初の高級ブランドいろいろ入りましたが特に賑わっているわけでもなし。
そうそう、ララスクエアの地下にも高級食品スーパーマーケットがあるのですが、高級なので特売とかしないのですよね。箱のまま積んでカップめん99円!とかしない。(総菜の30円引きとかはしてるが)
高級路線は日常購買に相対するものだと思います。

|

« 新聞謹告:GISは伊予エンジニアリングの特許だった? | トップページ | グラフで見る音楽著作権の儲かり度 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/8767293

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木:東武宇都宮百貨店大規模改装で高級路線へ:

« 新聞謹告:GISは伊予エンジニアリングの特許だった? | トップページ | グラフで見る音楽著作権の儲かり度 »