« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006.11.26

ノイズキャンセル、ウォークマン用スタンド、nano比較

(2006/11/26)
スタンドについて補足。
クレードルより簡易なスタンドですが、パソコンとのUSB接続&充電、AC電源充電がやりたいならこれで十分かと。
クレードルはAC電源コードが最初から付属してることと、録音ケーブルと音OUTの端子もあるらしい。でも5000円だしなあ。
で、スタンドにもなんでアタッチメントがあるのかと思ったら、スタンドに付属のアタッチメントは、ウォークマンの付属のと別形状になっていて、本体付属のはスタンドには使えないという。クレードルに使うためだけに付属してるらしい。
プラスチックのガワをわざわざ別に作るとはねぇ…。スタンドの販売箱も無駄にでかいし…。
裏技としては、そんなアタッチメントを取っ払えば、クリップ付けたまま挿せます。
しかしiPODの接続コネクタもそうですが、端子が細くてカチッとのかみ合い感触もないので、ちゃんと挿さったのかがわかりにくい。
あと、アタッチメントの交換ですが、付属の説明書を読まないとうまくはずせないかも。


(2006/11/19)
iPODnanoの4Gも借りて使ってみました。それとウォークマンの比較印象とか
・nanoのカラー液晶画面が情報量が多い。視覚的にも有用なディスプレイ
・外見だけでなく、中のメニューもスケジュールとかゲームとか機能が結構多い。
 音調もpop風とかクラシックとかイコライザバリエーションはソニーより多い?
・それに対して操作ボタン系はホイールだけのシンプルさですっきりデザイン
・マスストレージとしてパソコンに繋いで、iTUNEの無いパソコンでも中の曲を取り出せるのは便利
 sonicstageはDRMが厳しくてSS経由で無いと中の曲ファイルはいじれない。

というわけでナノのほうが機能的に優れていると思います。
発売になって1ヶ月になろうとしてますが、通勤時にS706を電車内で見かけたのは一人だけ(笑)
しかし私はまぁウォークマンでいいなと思えたわけですが、その理由は

・バッテリがやはり持たない。とはいえ私の使い方では4日間は持ってくれますが。
 ウォークマンだとそれが2週間は無補給。
・やっぱり静電気ホイール回しが苦手。スキップしようとして触れるとボリュームが作動し
 音量が変わってしまうことしばしば…
 あと円回転してセレクトするときに、ぴったりの位置でカーソルを止めきれない。
 表面のコンパネは、ボリュームだけを機能切るかボタン押下に変更できないのかな。
 ボリュームや曲選択はボタンやジョグシャトルという手応え感のあるアナログ操作がいい。


(2006/11/5)
2006.11/18発売とされているスタンドがSONYネット通販では既に発売されてたので買ってみました。
ネットワークウォークマンには今までスタンド・クレードルが無くて、充電するにはUSBケーブルでパソコンと繋がないといけないわけですが、やっとこそういう接続手間から解放されるわけです。今まで無かったほうがおかしい…

SONY公式サイトのデータ
NW-S700F/S600シリーズ対応スタンド BCR-NWS700
SONY eCatalogでの外観写真
私が買ったのは1980円で安いスタンドのほうで、ACアダプターとかダイレクトエンコードするためのクレードルはBCR-NWU3で4980円で高いです。
3000円の差ですが、ACアダプタ付属=これ以上コンセントをふさぐわけにはいかない。パソコンは年中つけっぱなしだしロングバッテリなのでACで充電するまでもない、パソコンケーブル以外の接続が出来る=ダイレクト録音を私は今のところやる予定が無いし、それの録音ケーブルを別途買わないといけない
…以上からその差で3000円は高いので、シンプルなスタンドのほうを。とにかく手軽に接続するために。
しかしこのスタンドはなぜかアタッチメントが2個も付いている。本体に既に付いているのに。クレードルのほうは本体付属を見込んで付いて無いのに。
なぜこんなことをするのだろう?私はアタッチが3個になってしまいました…

ソニースタイルでウォークマン買うと3000円クーポンが貰えるので、最初に本体だけ買って、あとで付属品をクーポンで買うのが吉。
私はこのスタンドを発売前に予約リストに入れていたら、先日に入荷したメールが来て(ネットだと先行販売してくれるらしい)、そのメールに配送無料のクーポンが付いていたので1円も現金かからずに買えました。
気になるものは予約登録すると送料無料にしてくれるのかな?(買い物バスケットに入れる予約なので必ず買う義務が無い)
←右はクリップCLP-NWS700 1481円
ソニースタイルで買わなくとも、家電量販店でもアクセサリは既に入荷してます。
2006.11/05横浜ヨドバシに行ったら、ケーブルやクレードルがありました。クレードルは11月18日とソニスタでありますが、ヨドバシ売ってたし。即日お持ち帰り&ポイント還元なら店頭がいいでしょうね。
ヨドバシの携帯AVコーナーでウォークマンの売り込みで「広告の品!お買い得!」とやってましたが、おもいきり通常価格ではないか>NW-S700 28800円


■新ウォークマンを2週間使ってみて…

ソニ☆モバのほうで、いろいろNW-S700感想&レビューが揃っていますね。
私の感想は、
*ノイズキャンセラは良い&おもしろい
 評判どおり鉄道騒音系をほどよく遮蔽します。金属とかリノリウムとか硬いところから発する騒音をよく消す。
 静かな部屋だとNC機能でゆがめられた音が露呈するので、その場合は普通の屋内用ヘッドホンに変えるのがいいでしょう。
 バッテリが良いので、大きなヘッドホンをドライブさせるスタミナがあるのも良いです。
*インターフェース系が慣れない…
 ボタンが形や場所がいろいろでしかも片方に集中して配置されてるので、掴むだけで何かのボタンを誤って押してしまいそうになります。
 特にクリップをつまむのが難しい。上着ポケットに入れるのでクリップは必須なのに。
*データ配列が慣れない…
 MDとかカセットとかCDのように物理的な曲順を人間が指定できず、入れたデータは条件でSORTされるので、後から入れた曲がどの辺に格納されているか直感的にわからないのが不便。
 それとオカシイのですが、曲順はアルバム内でなら入れ替えできたと思ったのですがSSでドラッグしても入れ替わらない。
 なぜ??前はできていた気がするが… 全然人間が曲順を操作できなくなってしまった。

こんな感じですが、NW-AやEを使っていた人なら乗り換える価値はあるでしょう。
nanoを捨ててまでとは言いにくいですが。
nanoより高いですので、NCヘッドホン付属とソニスタで買えば今なら3000円クーポンでアクセサリを買える(スタンドやクリップあたり)点を考慮すればいい勝負かと。
容量至上主義ならnano8Gでいいと思います(笑)

| | トラックバック (0)

2006.11.18

川崎:ラゾーナ川崎の活況

(2006/11/18)
写真追加。
バンダイナムコ・ヒーローズベースのガンダム等身大?頭とか、川崎ルフロンビルのクリスマスイルミネーションとか→
こっちにも写真

(2006/10/17)
三井不動産が仕切っている最近の首都圏大型商業施設の規模比較

都心は広い空き地が無いと思っていましたが、再開発によってまとまった面積を一気にリニューアルするのが続いています。それらを担当しているのは三井不動産、なかなかやります。
豊洲だってららぽーとだけでなく、三井は近隣のマンションビル建設も手がけており(現在駅広告とか宣伝に余念無し)都市計画に深く関与しているようです。
以下に面積順に三井関連を挙げますが、豊洲で結構広かったので(実際は船橋ららぽーとが本家の貫禄で広いはずですが、店舗数が多い=小さな店がひしめいている、横に広い=フロアの天井高さが豊洲のほうが余裕が感じられる。船橋はメインが2フロアで各店を廻るのに遠い)川崎や横浜はもっと広いのでそこもゆったりしたレイアウトに。
ハンズや無印とか1店舗で広くて天井がデパートより高いのでいい雰囲気です。駅デパートテナントよりもこういう新型商業施設のがいいなと思えてきました。
今までは郊外型施設で無いとお目にかかれませんでしたが、これら都会駅連動だとロケーション的にも便利です。
でもまぁ毎日通うところでもないですけども(笑)。

■ららぽーと豊洲 2006/10開業 豊洲駅
敷地面積 67,500m2
店舗面積 66,000m2
店舗数 約200
建物規模 店舗部分3フロア

■ラゾーナ川崎 2006/09開業 川崎駅
敷地面積 72,000m2(これと別に住宅街区もあり)
店舗面積 76,000m2
店舗数 約300
建物規模 地上6階地下1階(店舗5フロア)

■ららぽーと横浜 2007春予定 鴨居駅
敷地面積 100,000m2
店舗面積 93,000m2
店舗数 約300
建物規模 店舗部分3フロア

本家1位■ららぽーとTOKYO-BAY 1981/04 南船橋
敷地面積 171,000m2
店舗面積 110,000m2
店舗数 540


LAZONA kawasaki plaza、ここは豊洲よりも更にひとまわり大きい規模の施設です。
ここも店舗にめりはりがあって、ビックカメラとかロフトとか特定店はひときわ広い面積です。
店舗数が多いので、そのぶん豊洲よりも服飾&ブランドものが足されている感じ。
ベクトル的には豊洲と同じ方向性ですが、ここのアドバンテージは広さだけでなく
『ハブターミナルなJR川崎駅直結(雨に濡れない)』にあります。
(私鉄川崎駅からも地下道→JR川崎なので濡れないですむ)
平日の川崎駅の人はとんでもない人出ですので、その隣のラゾーナにも人が押し寄せます。
地下鉄有楽町駅を出て地上を3分歩く豊洲とこの違いは大きい。
人の流れに勢いがあるのも、駅→ラゾーナ→住宅街の構成だからか。
豊洲は駅反対側にマンションが多い。
というわけで集客力ではラゾーナが有利でしょうね。店はどちらもひととおり揃って文句無いです。
ラゾーナもユニディ、丸善、ロフトとか日用品系のが広いのがいいですね。
それプラス、4階の『ナムコ ヒーローズベース』も要チェック。
ここでは対戦ガンダム『戦場の絆』が稼動しており、大型筐体ずらりは圧巻です。さらにエントランスにはガンダムとシャアザクの頭部実寸大?がででーんと鎮座しています。
平日夜もガンダムは列できてました。豊洲はゲーセン狭かったよなあ。商業施設のゲーセンはキャッチャーとメダルが多いですね。
このナムコフロア内に(表からは分かりにくいが)ゲームショップもありゲーム中古も取り扱っているのも珍しい。
あと、夜に一番賑わっているのは飲食フロア。これはどこも同じか。お金持ちだなあ(笑)

さらに広いらしい、ららぽーと横浜はどんなでしょうね。
ラゾーナ川崎 戦場の絆稼動中

前ログ
ららぽーと豊洲
宇都宮ララスクエア

| | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »