« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007.03.25

SONYウォークマンNW-A808とS706感想

10月にS700を出して半年もしないうちにNW-A800という新型機投入とは。
大差ないならスルーしたいところですが、なんか良さ気な出来です>ビデオ対応ウォークマン

■価格でお得

NW-S706Fの4Gが2007.3時点、sonystyle直販で25000円台、家電量販店頭23000円台、ネット最安値22000円、私が買った10月のときは3万円でしたから、11月で値下がり出したのはびっくりでしたが今はこのあたりで止まっている。しかし1万円も下がるとはなあ。
つまり4ギガで3万円だったウォークマンが、今回のA808は倍の8ギガ積んで32800円定価。
同じ値段で倍とは。しかもいろいろ性能アップしてるし。
近所の家電屋に行ったら、特売でA808が30800円で売ってました。倍になって値段同じ<また言うか
私はメモリ4G全然使い切ってませんが、パソコンのように増設できないの買うなら大容量がいいかと。

■性能で上回る

銀座のソニービルでも触ってきたのですが、大きさがnanoと同じで大きくはない。
nanoより厚みがあるが、従来のスティック型やHDD型は厚みがあって、706だってエッジは薄いが中央はぽっこりと膨らんでいます。
それがないNW-A800はポケットにより入れやすい形でしょう。
そして一番感心というかショックなのは、表示操作が早い。ジャケット表示も速い。
液晶なので表示も綺麗。表面積が増えたので、表のボタンでたいがいのことができる。今までのはあちこちの極小ボタンを押さないといけなかった。
S700のジャケットサーチの遅さが異常とも言えるのですがね…しかも狭い画面だから3枚ずつしか。
A800ではジャケットサーチ中のサビのフレーズを再生する、という遅さの諸悪の根源がありません。
動画の再生もスムーズで私は動画は興味無いですが、それ以外の性能でのサクサク感がいい。
DSEEもソニステでon/offしても私にはあまり効果がわからなかったですが、A800ではリアルタイムにon/offさせると曲の雰囲気違いがわかります。
DSEEがいいとは断言しませんが、ちゃんと作動はしていることがわかります。

■どれくらい売れるか

動画と音楽の管理ソフトをランチャーで使い分けるとはいまいちスマートでないし、
パッケージも前回までの「高級そうな装丁」もやめたみたいですね。
アクセサリも最初から多いし。
発売後店頭では売り切れずに在庫はあるようです。SonyStyleでは一部売り切れもあるが人気なのかどうか。しかし悪いところは無いですから…。
いやでも今までも性能や価格でアップルには負けてないのに皆さんiPodのほうばかり向いているので、もうその流れは戻せないのかなぁ。
私も今回のは欲しいですが前のも買って半年だし。


■NW-S706Fの感想続き

半年のロードワークによる追加感想。

*各種ボタンは固いがこれくらいないと満員電車では戦えない
固いなぁと思ってるのですが、電車中でそれでも圧力でスイッチ入ります。ボリュームプラスが押されたときは焦りました。どんどん上がるのに手は満員電車で動かせないという。
タフなボタンはこういうときにいいです。
(ウォークマンには音量リミッター機能はあるが、私は設定してない)

*ノイズキャンセルヘッドホンが重い
重いというより引っ張られる感じが強い。原因は、LRを束ねる結合点が左に寄っているので、右耳のケーブルが左耳を引っ張る形になる。
カナルは耳穴だけで装着を支えているのではずれやすいというかなんか気になります。
結合点が大き目のプラスチックで覆われているのも…。体動くと服の表面で擦れるのでそのプラスチックで襟とかボタン穴に引っかかるのですよ…

*操作性が遅い
私は放置再生ではなくて、しょっちゅう曲送りやリスト変更をします。
シャトルを回して曲を選ぶのですが、表示回転が遅い。イニシャルでジャンプとか無いので曲が増えるほどスクロール量が増えてなかなか目的に辿り着けない。
ジャンルのディレクトリを「J-POPあ行、か…」のように細分類すればいいのでしょうが、そのタグ打ちも面倒。こういうときに画面の広さがあれば。
このためバッテリーの消耗も多いですが(外出ではノイズキャンセルだし、ディスプレイは常時点灯させています)、公称40時間までは持ちませんが、20~30時間は持つのでスタミナはたいしたものです。

*sonicstage
パソコンでOS入れなおしでSSも入れなおしたのですが、バックアップは助かりました。
自分で作ったデータはいいのですがMoraで買った曲をちゃんと復活させるためにバックアップ機能を使いました。
バックアップ時にシリアルをソニーのサーバに置くらしく、認証できれば新環境に再展開できるという。
バックアップファイルは特殊でなくてふつうに中が覗ける構造でした。
ジャケット写真や曲名を付け直すのが大変なので、バックアップが便利でした。
しかし、ジャケット絵はjpegとか元の絵を「¥Fringe」フォルダにランダムなサブフォルダを掘って保存します。だからここには小さなファイルとフォルダがたくさんできています。
見ないふりすればいいのですが、ファイル配置効率が悪いなあ。
wmaやmp3にはジャケット絵を曲本体に埋め込めるので、SSはその埋め込みをちゃんとしているようなのですが
(mp3にSSでジャケを設定したあとに、WMPとか他社プレイヤーで再生するとそこでもジャケ絵が表示される)
別場所にも重複して格納しているのか。歌詞カードや複数ジャケ絵に対応するためか。

*剥げた?
本体はエボニブラウンの茶色のプラスチックで、その上にロゴとか白インクでプリントしてるようですが、この5ヶ月でそのプリントがちょっと剥げてきました。AV機器いろいろ買った中でこんな早くに…。
クリップのほうはもっとひどくて、SONYのロゴのSが無くなってしまいました(汗。
ポケットに挿すので衣服と擦れるとはいえ、逆に安全な位置にプリントすればいいのに。
あまりに情けないので… もうひとつクリップ買いなおしました<マテ
ロゴが剥げたウォークマンクリップ

ネットワークウォークマン系過去ログ:2006.12 ウォークマンNW-S706F/T

| | トラックバック (0)

2007.03.24

銀座三越で長崎物産フェアと聞いて行ってみたものの…

長崎県人として長崎オンリーが東京で開催となると見逃すわけには、と3月23日金曜夜に銀座三越に長崎フェア「食べてみんね!長崎」へと行ってきました。
…が、予想を外して「本当に開催されているの?」と目立たないこじんまりしたもの…いや、まとまってもいない開催でがっかりでした。
地下一階のグルメフロアがメインで長崎のうまいものが…との触れ込みでしたが、

*販売が各店舗で分散して単品で売っていた

長崎モノを扱わない店もあるので、たくさんのブースのなかでちょこんちょこんと小さな長崎POPを掲げている店で売ってました。
デパートの物産展みたいに専用コーナーを設けているのかと思ってましたが違いました。まぁ天下の三越がイメージ的にそういうスーパーマーケットふうなことはしないと思ってましたが、
各店がゲリラ的に長崎な一品も加えているスタイルではとにかく目立たない。
当然?入り口に『物・産・展!』とか看板を掲げるような三越ではないので、一層長崎フェアやっているのがわかりませんでした…

*厳選だからか?少ないし知らない品揃え

私も今は関東に住む身ですが、長崎のうまいものを集めたという割には長崎らしさが判る品は少ない。五島うどんや佐世保バーガーは私は知ってますが、長崎とちのかと長崎びわを使ったミルフィーユとか長崎のショップが出店してのチーズケーキって、長崎を代表するスイーツなのでしょうか(おいしいのでしょうけども)
チーズケーキなんかは長崎物産というよりその個人店固有のブランドなのでは。
長崎とちのかという苺は初めて知りました。こういうのがあったの?実家からビワとか菓子とか送ってもらいますが…
「とよのか」と似ていて最初長崎だとも気付かなかったです(ごめん)。
とちのかだけはスーパーマーケットの青果コーナーのように平台にずらっと苺パックを並べていました。他の店がデパートっぽい陳列なのに。

*3000円のミルフィーユは

一日限定3個という高価な逸品、私は18時過ぎに行ったのですが、ショーケースに3個ともありました。
高いですが説明によると、器の波佐見焼き込みの価格だそうです。
ビワが高いのか器のコストはいかほど…
そういえば、別の店ではびわゼリーを売ってました。うまいですが高いのですよねぇ。

*長崎フェアと並行してお彼岸フェアもやるもんだから

その長崎POPと同じ数だけ、実はお彼岸のPOPでおはぎとか和菓子店で売ってました。
だから一層長崎が周りに埋もれて…
まぁ地下一階で一番テナント面積&品種で多く売ってるのはチョコレートでしょうね。
あの量で長崎フェアを言えるのなら、三越は年中チョコでビックフェア開催中です。

*一方その頃、カステラの文明堂と福砂屋は…

ある意味ショックだったのは、長崎発祥のはずのカステラ、それを売る福砂屋と文明堂、その二店ではなぜか長崎フェアのPOPが無かったのでした。
なぜ?有名すぎるから??恒常販売だからフェアの対象外なの?長崎仲間なのに?
むしろ長崎出身を隠したいのかと思えて…。

*で、金曜夜の勝者は…

グルメフロアで一番人気の店はケーキ屋で女性の長い行列。人気店はいつでも人気ってことで。
ジョトォだったかな。ショートケーキの棚に大行列でした。
ミルフィーユ売っている店も行列できていても長崎スイーツでなくて普通の洋菓子が売れていたわけで。


とにかくうーん、と唸ることばかりでした。これでいいのか長崎観光物産…。
長崎のモノを売るには東京は遠いのでしょうか。
いや、先日オープンのららぽーと横浜のイトーヨーカドーの『北海道うまいもの市』が品数も賑わいも凄かったですよ。

| | トラックバック (1)

2007.03.23

横浜:ららぽーと横浜オープン

大型商業施設のここ最近の連続出店ですが、三井不動産系での連続リリースだった、ららぽーと豊洲→ラゾーナ川崎→ に続くオープンが3月15日に『ららぽーと横浜』。
http://yokohama.lalaport.jp/
3施設で一番大きい規模です。店舗も最終的に370にもなったようで。


■場所はJR横浜線鴨居駅
最寄が鴨居ですが、実は駅からちょっと離れてます。閑静な住宅街をとぼとぼ歩いて7分。普通の道路というか狭いくらいな道をみんな鴨居~ららぽーとで歩くものだから車と競合してるし、歩道がちゃんとないし、なんかテンション下がりますね(笑)。
当然、施設から交通整理員が配置されていて「車が来まーす。端によってくださーい」と叫んでました。
ちゃっかり露天出店だしてたりしてもいました。メインは車で来いというのでしょうか。地下鉄「センター北」は遠いのでシャトルバス。
かなり内陸部というか都心から離れているので?、一階の広場が駐車場になっています(立体駐車場もある)。これは車には便利でしょう。
まぁ周辺道路は混雑してましたが。


■店は多い
豊洲より一回り大きいラゾーナのさらに上を行く店舗数なのでそれ相応に施設も大きいです。
ファッションインテリアのオシャレショップばかりなのでたくさん買い物できるわけではないですが。
ヨーカドーもあるので安さ&日用品はそっちで買える。家電はノジマ。(コジマかと思った)
3フロア構成なのですが食事処が分散している感じ。そのせいで入れそうな店をあちこち回りました。メリットとしては穴場的に空いているところに遭遇するかも。
おしゃれで高いのはちょっと…という場合は、ヨーカドーの中に恒例のフードコーナーあります。
紀伊国屋やハンズとかひととおり揃ってます。
ナムコランドがあると期待したら、キッズ専門のゲームコーナーでした。


■ペット可
珍しいのはペット同伴可なこと。実際に犬を連れている人何回も見ました。
ただし1階のみ。1階にペットの食事店があるのでその周りならOKなのでしょう。
立体駐車場ではエレベータを使いますが、ペット同伴の場合は指定のエレベータを使わないといけないらしい。


店舗数が多いとはいえ、ファッション系が増量で、日用品や本屋や家電でないので人によって増量効果は違うでしょう。
郊外なのでヨーカドーに買い物に、と毎日通えそう。
私は電車なので、あの距離歩くのはいやかな(笑)。駅から近い(雨に濡れない)ラゾーナがいい。

ららぽーと横浜open ららぽーと横浜開業

前回ログ:
ラゾーナ川崎やららぽーと豊洲レポート
http://ntd.way-nifty.com/blog/2006/11/post_c7f2.html

| | トラックバック (2)

2007.03.12

葛飾区郷土と天文の博物館

明石の双頭のプラネタリウム、『イエナさん』引退だそうですね。後継はメガスターIIだそうで。
そんな中、また新しいタイプのプラネタリウムが登場します。
『郷土と天文の博物館』
http://www.city.katsushika.lg.jp/museum/index.html
ここの20年も前の古いプラネタリウム機材をリフレッシュ改装したそうです。新しいものに置き換えるリプレースではなく、配置構造や筐体をそのまま維持して、マシン室に新型高性能の機器、投光機は部品を換装してレンズなどを新型に換えて基部はそのままだそうで。
そして投光機を補完するプロジェクター投影システムを壁に埋め込んで全天周に映像やCGを投影できるというもの。
従来のアナログな投光機に、デジタルには2システム、上映システム『デジタルスカイ2』、デジタルな宇宙シュミレータ『デジタルユニバース』を併装、この三つを合わせて『ジェミニスター3 Katsushika』と呼ぶようです。

注目すべきは3つのチャンネルを持つ豪華さですね。
『満天』とかも動画上映の能力はありますが、デジタルユニバースはデジタルによる演算描画ができる。決まった動画ではなく、いろんな角度からいろんな宇宙を演算して描画できるようです。ここが従来の上映モノとは違う強み。
アナログプラネタリウムのきれいな星の表示にはかないませんが、メガスターは原版にある星図しか表示できないが、デジタルは好きなものを表示できます。
日本科学未来館のメガスターは確かに綺麗な星ですが、地球から見た星の並びしか見られないし、星しか見られない。満天だと太陽系惑星の表面に着地して見せたりのCG番組もあるのに。
葛飾区のはいいところどりですね。

肝心のプログラム番組がどんなものかが未見ですが、WEBでのサンプルを見ると、デジタル上映では今までに無い視点方向からの宇宙とか、迫力ある衛星を動かすとかやってますね。
2007/3/12のNHKニュースでは内覧会の模様を放送してましたが、まもなく一般公開されるでしょうか。
行って見たいです。

そういえば日本橋プラネタリウムはまだ行っていないです。プラネタリウムが最近活気があります。

2005.12.06 プラネタリウム満天とMEGASTAR-II感想
2005.10.27 プラネタリウム『ホームスター』とドラマ『星に願いを』
2005.02.17 プラネタリウム買換需要で復調

| | トラックバック (0)

2007.03.08

@niftyから怪しいADSL増速コース案内…

(2008/11/3)
http://ntd.way-nifty.com/blog/2008/11/niftyadsl12m39m.html
減速してから2年、気分転換に?新設の39Mコースに増速してみることにしました。


(2007/3/7)
24時間後にニフティからメールが。eAccessだけでもコース速度がいろいろ変わって追随する人現状にとどまる人とかで内部的に複数のコースに分岐してるのが問題か。今後もうますぎる話には用心しよう…。
とにかく今はバリューが一番いいと思います。

差出人: ニフティ株式会社
題名: 【お詫び】ADSL速度アップキャンペーンのご案内 フィルターを作成する
送信日時: Wed 03/07/2007 18:25:17 JST
ADSLバリューコースをご利用のお客様へ
【お詫び】ADSL速度アップキャンペーンのご案内   
昨日 お客様にお送りさせていただきました「ADSL下り最大50Mに【無料】速度アップ」というご案内メールにつきまして、配信に誤りがあることが判明いたしました。

(2007/3/6 23時)
■私をおちょくっているのか??>ニフティ
いつもはユーザーにメールで案内をよこさないニフティが珍しくメールでADSLのキャンペーンが。
(前回のバリューコースなんか案内が無くて自分で偶然見つけて入会した)
まず、17:00に来たメール。

題名: ADSL下り最大50Mに【無料】速度アップ
※2007年3月2日時点でADSLニュースタンダードコースをご利用のお客様へ送信しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ADSLニュースタンダードコース(50M) 速度アップキャンペーンのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ADSLニュースタンダードコース(50M)への速度アップキャンペーンのお知らせです。
今と同じ月額料金のまま、手数料無料で速度を下り最大50Mにアップできるチャンスです。
「今の速度では物足りない!」いうお客様、この機会をご利用ください。
キャンペーン期間 2007年 3月1日(木)~ 4月30日(月)
キャンペーン詳細、お申し込みはこちら
http://www.nifty.com/setsuzoku/whole_adsl/news/speedup50m.htm

「はて?私はニュースタンダードだったっけ?」と思ったのですが、こうしてメールが来たのだから
『同じ値段のままで50Mに!?』とこれはすごいお得な!とびっくりです。
今は12Mなので、上のリンク先では、
「ADSLニュースタンダードコース(8M/12M/24M/40M)またはADSL1.5MコースからADSLニュースタンダードコース(50M)へ速度アップ(コース変更)手数料3,150円が無料 」とあるので、
自分はそれの12Mに相当?50Mなのに月額料金は今のまま?2000円??これはかなりいい話?
と思ったら、同じ題名でまたメールが。18:30に。

※2007年3月2日時点でADSL1.5Mコースをご利用のお客様へ送信しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ADSLニュースタンダードコース(50M) 速度アップキャンペーンのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ADSLニュースタンダードコース(50M)への速度アップキャンペーンのお知らせです。
手数料無料で下り最大50Mに速度アップできるチャンスです。
「今の速度では物足りない!」いうお客様、この機会をご利用ください。
速度アップ後の月額料金
1、速度アップ後の月額費用
速度アップ後は、ADSLニュースタンダードコースの月額料金となります。
月額料金合計は以下の通りです。
NTT東日本エリア タイプ1をご利用の方: 3,780円(税込 3,969円)

最初重複送信かなと思ったのですが、よく読むとこれは1.5Mコース用。
「いや私は12Mコースですよ?」と思ってよく読み返すことにしました。
するとこっちは、50Mに増速できるが料金も増えると言っている。それでWEBをよく読んでみると、どうやら最初のメールは40Mコースの人向けに「料金そのままですよ」と言いたかったらしい。
そして私は改めてサイトを読むと、下のほうに小さく
「以下の場合はキャンペーンの適用対象外となります。
 ADSLエントリーコース、ADSLライトコース、ADSLバリューコースからの速度アップ(コース変更)」

あぶないなぁ…危うくうかれて申し込むところだったよ!>私はバリューコース。
同じ12Mで同じイーアクセスだけど、私はバリューのほうのはず。
じゃあなんでそんな私に2つもメールをよこすのだ?まったくもっていやらしいというかミスリード狙っているのかと小一時間問いたい。メール内のリンクを押すとその先には増速申し込みボタンがある周到さ。
まぁ2通来たので、最初のうかれ気分にストップがかかったわけで。
で、肝心な「3月2日時点でバリューコースのお客様」なメールがまだ来ないのはなぜ?


(2006/12)
■@niftyのADSL 12Mコースに乗り換え
http://www.nifty.com/setsuzoku/whole_adsl/
ニフティの10月にできたよりお得なADSLコースに速度変更しました。

ADSLニュースタンダード 3,962円~ 最大50Mbps
ADSLバリューコース   2,093円~ 最大12Mbps
ADSLライトコース    3,038円~ 最大3Mbps
ADSLエントリーコース  1,988円~ 最大960kbps

■価格の逆転現象
私は価格重視で今年からエントリーコースにしてたのですが(去年はスタンダード50M。実質はノイズひどくて13Mbps)、夏にやはり速度が欲しくてライトに変更。
すると10月にバリューが新設されました。速度が上なのに価格が千円安い逆転現象。
当然ライトな者はこれに変えない理由はない!とのことで申し込もうとしたら、10月は新規客しか受け付けず、既存ADSLユーザの速度変更は11月だと。ずっとその変更受付を待ってすぐ申し込んで11月下旬からバリューコースになりました。

■モデムは一緒
今年は都合3つのコースに入会したのですが、イーアクセス系列の私には、ADSLモデムはどれも『NEC Aterm WD605CV』で同一でした。エントリ&バリュだとモデムは売り切り型なので手元に同じのが2台。
ニフティQ&Aでは新着モデムと交換せよとありますが、放って置けば局の速度変更時に自然にリンクアップ速度が変わりますね。
配線が面倒なので私はモデムは変えない場合が多いです。
(ライトのモデムはレンタルなので返却しました)

■モデムを変えてもリンクダウンは解消できず>ライトコース
実は3Mから12Mに変えたもうひとつの理由は、『ライトコースだとリンクダウン頻発でまともに通信できなかった』からです。エントリでは低速ながら最大800kbps出てたので回線ポテンシャルはまだあるなと思えたので3Mも行けると思いました。
確かにライト3Mで繋がっているときは3Mbps近く出るのですが、数分でプチンと通信が切れて再接続…。とにかく数分おきに何も通信しなくても切れまくりでライトコースはだめでした。使用通信テクノロジのせいでしょうけど。
そのとき手元にモデムWD605が2台ありましたがどっちでも変わらず。だから機種が同じのを変えても意味がないと悟ったのでした(ソフトウェアで最適化して出荷してるわけでもないみたい)

■ライトから12Mにしたら通信は安定した!?
速度が上がるとそれだけシビアな通信するので、ちょっとのショックで切れてしまうのは想像に難くないです。
ニフティQ&Aでも『速度アップすることでライトコースの通信断は改善されますか』に対して、

『ADSL接続サービスは、高速なサービスほど接続が不安定になるサービスですので、ADSLニュースタンダードコースにすることで、さらに不安定になる可能性があります。』

と回答。似たような質問にすべて上記のように改善は見込めないとあります。
しかし、私が日経NETWORK誌とかで12M-ADSL登場時のテクノロジの記事を読んだとき「ビン数とビンあたりのデータ量を増やして速度向上する手法だが、同時にエラー耐性の仕組みも向上している」というのを何度も読んでましたので、12Mテクノロジがあれば逆に今のリンクダウン頻発が直るのではないかと予想しました。
そして今月11月に12Mに変わったのですが、予想通りリンクダウンはピタリと解消です。
もともとノイズマージン50dB越えている2km局距離で悪条件でしたが、今は4Mbpsのリンク速度が出ています。とにかく切れなくなって嬉しい。
速度調整をやってくれるのですが(リンク速度を意図的に落として安定度を優先するようチューニングするアフターサービス)それを行わずにバリューの開始を待っていて正解でした。
ニフティはそういう上位テクノロジに乗り換えることでの改善を謳ってないのはリスク回避のためでしょうか。
とにかくニフティのライトコースはダメダメでオススメできません。高いし。
Q&Aでもライトコースでの通信不安定に関する質問が多いので、私だけじゃないのかな…>モデムリンクダウン

しかし今度引っ越しするときはNTT局に近いところがいいですね…(その前に光化が進むか)

| | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »