« ケータイ電池とSDカード速度と赤玉模様とコーティング | トップページ | またもATM提携障害。システム統合でトラブル 三菱東京UFJ銀 »

2008.03.18

新銀行東京のシステムの問題

■新銀行東京は金を食う
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080317-00000055-yom-soci&kz=soci
「新銀行東京、システム費用に124億円…過大投資の指摘も」読売新聞

経営難に陥っている新銀行東京(東京都千代田区)が、預金や融資業務用システムの費用として、総額124億円を投入していたことが都の調べでわかった。
 システムは、2005年の開業前、都が作った基本計画に基づき設計されたが、預金や融資規模が当初の想定を大きく下回ったため必要性は薄れている。「過大なシステム投資が赤字の一因」(都議)との指摘があり、400億円の追加出資案を審議する都議会でも焦点の一つに浮上している。
 新銀行のシステムは、預金と融資、ATM(現金自動預け払い機)や、顧客の電話相談などに応じるコールセンターが取り扱う情報などを管理している。

本業で儲かってない話と並行して、運営自体の経費がかかりすぎている問題、人件費がかかっているニュースがありましたが、今度はシステムも過剰だという話。
建物やATMや人員は減らし始めているようですが、システムも縮小するのだろうか。
機器のグレードやソフトウェアの処理能力を下げるのもひとつの改修なので費用取られるだろうし。
そうした費用の問題とは別に、システムの構造や運営に問題アリと実は昔から指摘されている話。

■銀行システムはNTTコミュニケーションズらしいが…

http://slashdot.jp/~von_yosukeyan/journal/299467

新東京のITシステムを調べると上記日記を見つけました。
開発委託はNTTコミュニケーションズのようで、これまた典型的な問題ある銀行システムの造りをしているようで。
システムはパッケージ日立製「NEXTBASE」で、これの元はNTTデータからのライセンスでNTTコミュニケーションズが拡張改造しているらしい。
それはいいとして、ネットバンキングの造りが甘いというかやばいというか、注意喚起を新銀行でないドメインからメールするし、メール内に顧客情報を管理用に載せているし、データセンタのドメインも違うので折角セーフティパスでセキュアログインしても接続先が偽サイトかどうかを証明書やURLで確認できないという。

http://slashdot.jp/journal.pl?op=display&id=298348&uid=3718
http://slashdot.jp/journal.pl?op=display&uid=3718&id=298204

URLアドレス欄を隠すのは止めて欲しいものです。
クロネコヤマトでパスワードとICカードリーダが送付されてきたようですが、機器とパスワード情報が一緒に送られてくるのも良くない気がしますが、パスワードは信書の配達に抵触する気が私もします。
さらに新銀行とNTTコミュのネットバンク設定に対するサポート電話対応振りがこれまた典型的な…(以下略
これは2005年5月の情報ですので、今は改善されているのでしょうか。
高木先生も地方銀行のネットバンキングのお粗末振りを昔から繰り返し指摘していますが、開発する側は知ったことではないようで。

|

« ケータイ電池とSDカード速度と赤玉模様とコーティング | トップページ | またもATM提携障害。システム統合でトラブル 三菱東京UFJ銀 »

IT・汎用機」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/40552188

この記事へのトラックバック一覧です: 新銀行東京のシステムの問題:

« ケータイ電池とSDカード速度と赤玉模様とコーティング | トップページ | またもATM提携障害。システム統合でトラブル 三菱東京UFJ銀 »