« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008.05.27

品川:JR品川駅港南エリアとecute

先日久しぶりに品川駅の港南口(高輪口の反対な東口)に行ってきました。
毎日品川は通勤で通過するのみです。

■インターシティから品川駅への写真
20091227
2009年12月撮影


■ecute shinagawa(2008/5/27追記)

JR品川と言えばエキナカも新しく増えています。東京駅のエキチカよりも小規模で駅の東側の一区画に二階フロア構成でお土産&飲食店中心のテナント。東京駅と同じ高級志向で既存エキナカ土産店&ファーストフードと差別化しているようです。
私はブランドに疎いので、私の知らない名前ばかりですが中身は良さそうなものばかり。単価も1個300円や400円なレベルですし。
こじんまりしているけども、2フロア分しかないけど中央に吹き抜け、噴水もあり。
その狭さでいいなと思うのは、洋菓子QBGとベーカリーPAULの店奥にウッドデッキなオープンテラスがあること。テラスは例の中央大通路とecuteのスキマにあって狭いし日当たりも悪いのですが、裏庭ちっくで逆に私はいいなと通路からテラスを今日も眺めていました(笑)

■切符買ってね

パンフレットの注意書きにはエキナカらしいものがあり
・お帰りの際には改札を一度出て品川駅から目的地までの乗車券をお求めください
・駅利用のお客様対象のため駐車場はご用意いたしておりません。近隣駐車場の割引提携もございません
・入場券は発売から二時間以内となっております

関東一円なら入場と出場の駅で運賃計算するルールがあるので「大周り」をする鉄道ファンがいると聞いたことがありますが、切符をちゃんと買えと?その特殊ルールでないエリアから来た人向けでしょうか。
エキナカは駐車場サービスが省けるというメリットがあったか。デパートとか都心でも駐車場確保で大変そうです。
デパートお得意様なお金持ちが入場券買ってエキュートに来る姿は想像できませんが、そういう金持ちの需要を逃しても、見たところ今日もお客さんで賑わってましたし、JRで移動する人にもお金持ちはいるということで。
私もクリーマリーのアイス食べてみたいがOLや女子高生ばかりで近づけないし高いし(笑)。
ecuteとは:エキュート・eki+center+universal+together+enjoyを組み合わせた造語
ecute shinagawa JR品川駅


(2008/5/26)
■港南口

港南口に出るための自由通路は数年前に拡張されたのですが、それを埋め尽くすほど。
これでは東西行きかう人が交錯して効率悪いと思ったのですが(JR大宮とかそう思う)、
朝は「中央は港南出口に向かう人・両脇が改札に向かう」とすみ分けやっていたのですね。


■品川インターシティと品川グランドコモンズと品川セントラルガーデン

商業エリアのオープンが多い中、ここはビジネスとして新しいエリアでビル群が銀色に輝いています。駅から出て、右が品川グランドコモンズのビル群、左が品川インターシティ、両者の中央に横たわるのが品川セントラルガーデン。

ガーデンを渡すのに空中回廊があって、橋も木造りも使用されていて大木を上から見下ろすのが眺めがいいです。
他の空中回廊な施設よりも高い位置なのが珍しい。大木のさらに上に架かっていますから。
結構大きな樹木を多数植えていて、新緑がまぶしい。今がいい季節でしょう。

しかし両方のビル群は別会社の施工なせいか、公式WEBサイトを見ると、お互いの相手のことを地図に記載してない。隣に似たようなビル群があることを隠している。
ガーデンは品川グランドコモンズ側の施行らしく、インターシティ側のコンセプトや宣伝では「都会のオアシスな緑が~」などとは謳っていない。
なんか仲が悪そうな感じだ(笑)。
しかも「品川○○」というネーミングで、品川を取るとそれが品川だとわからない(他地域に同名のがある)というインパクトの弱さ。

それにしても朝の港南口から大量に人が排出されそのビル群に吸い込まれていく姿は、ビル上層から見ていて飽きません。
テナント料も高いだろうに、これだけ人を置けるぐらいに景気はいいということか>入居の企業
品川インターシティと品川グランドコモンズと品川セントラルガーデン

|

2008.05.13

またもATM提携障害。システム統合でトラブル 三菱東京UFJ銀

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?clu=20080512-00000907-san-bus_all
事故は検討会議室じゃない、現場ATMで起こってしまったんだ!

6000人のエンジニアとかあり得ない規模での移行作業、膨大な検討とチェックをしたはずなのに初日にすぐに起こりえる発生条件を誰も予想もテストもしていなかったそうで。
空港システムとかSUICAとかメモリのアドレス参照障害とか、機器の能力不足でボトルネックとか、そういうのよりもカバーしやすい範疇だと思うのです>漢字とカタカナの文字不整合
それでも気付かなかったんですねぇ。
きっとみんなたいへん仕事頑張ってきたんだろうなぁと同業者として応援する立場でしたので、万単位の顧客にトラブルとは残念な結果です。

自称疫病神な谷島編集長のジンクスがここでも発動したのでしょうか…(汗
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20080423/299886/
前に取り上げたATMトラブルでのあの話…やはり歴史は繰り返すのか。
2004.03 テストではバグがあることは示せるがバグがないことは証明できない
ポイントは、今回もテストが悪いんじゃない。テストにすら乗らなかったというもっと前段階でハズしていたんですね。
谷島編集長の恐れたとおり、マスコミはこのニュースたくさん取り上げているようです。


明日は我が身…ガクブル

| | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »