« EPSONDIRECT NT-5000ノートの修理 | トップページ | ニンテンドーDS『くまたんち』攻略ほどでもないメモ »

2008.08.30

NEC Valuestar VT900の改修

(2009.03)
soundVUのモニターって結局ブームになりませんでしたね。
http://121ware.com/product/pc/200405/common/function/soundvu/index.html
NECも単品で売るとか言って今はもう売ってない?
使っていましたが、この「ディスプレイ画面全体が振動板なスピーカ」はほんとおもしろくて音もいいです。
シングルなコーンでカバーは十分でないので台座にウーファーもあります。配線は結局あるし、擬似サラウンドとかヘッドホンとか分離スピーカ前提としたシステムをうまく再現できないよう。
でも大きな面積と無指向でどこに居てもちゃんと聴こえる臨場感はいいです。流行ってもいいのになぁ?
soundVu液晶モニタ
あとVT900の開けかたをメモのためにスナップショットしておく。


(2008.08)
古いパソコン再生復活シリーズ。
NEC Valuestar VT900バリュースター

■延命措置を施す
今回バリュースターを譲り受けたのですが、2002年の製品でいろいろファイル内容はカオス状態。
OSをリセットすることに。

■リカバリーデータ内蔵
Dドライブに追加アプリのインストールソース、Eドライブに¥Cのイメージバックアップがあります。CDとかのリカバリディスク無しでここから復旧できるので便利。
パーティション切り直しでDとEが消えることもあるので、事前にDVDに退避できるのも良心的。
電源起動時にF11キーでリカバリモードで起動します。(Eドライブにバックアップがある場合)
画面見ると、リカバリにはノートンゴーストを採用していました。
リカバリディスクから起動すると「Windows98」との表示も。
リカバリディスクから戻す場合は、ディスクから直接インストールではなくて、一度Eドライブの復活をしてそこからCドライブに戻す二段階でした。なのでこの場合は時間がかかります。まぁDVDと高速HDDなら20分ぐらいか。

■HDDはUltraATAでした…
実はハードディスクでカツンカツンと異音がしてヤバいので換装するのですが、仕様を121wareで確認するとパラレルでした。
私の手持ちディスクは全部シリアルなのです…。買い足すことにしました。
変換コネクタという手もありますが、狭い筐体でコネクタの居場所があるかどうか。評判でコネクタ経由だとうまく認識できない場合もあるそうで。
中では、DVDドライブとマザーの隙間に入っていて、アプローチが不便だなぁと思ったら、正面からスライドで引き出せるっぽい。
でも後部のケーブルがひっかかって、取り出すのに結局かぶさっているDVDドライブの取り外しは必要でした。面倒

■バリュースターの筐体の開け方/ネジ不要
縦置き前提のかっこいいボディなのですが、開け方がわからない。ネジが無い。
マニュアルをちゃんと読んでスライドして後方から開けるのだとわかる。吸気スリットのある左面が上面です。
私は説明無いと絶対開けきれなかった… それだけ本体外装で切れ目がうまく隠されているデザインなのです。

■CPUファンの交換
Pentium4のクーラーfanは7cm角が多い?
お店ではケースファン用に6、8、10cmはたくさんあるのですが、7cmがなかなか無く。わざわざ独自サイズにしなくても…P4
むしろ最近のCore2Duo用の丸いファンは、ヒートシンクとファンが一体化してません?ネジが見当たらないのでどうやって分離すれば??
まさかセット販売しかしないのか? 今のVistaマシンがこのCPUクーラーが一番うるさくて(intel付属品)ファンだけ替えたいのです…

■よくある?トラブル 起動時にいきなり電源が落ちる
バチン!といきなり落ちる場合のほとんどは、マザーの安全装置のせいで、それの原因はCPUファンが回転してない場合が多いなと経験で感じます。
丁度メモリ増設時に同時にファンが故障すると、あたかもメモリが不良品かと錯誤します。メモリが悪い場合はそういうエラーが画面にでるはず。

■グリスの代わりにシートを挟む
今までのグリスは綺麗に取り去る。クリーナーは例の「ainex 2ステップグリスクリーナー (AS-CLN)」
前回癒着してたのを分離できたさすがの性能です。高いですが(1300円くらい。私はヨドバシで買ったので1600円)、実力はあるようです。
でもグリス除去は頻繁にはやらないので、液が減らないのですよね。捨てるにも惜しいし。
そして、信越化学工業のフェイズチェンジシート(これもainex社。380円 熱抵抗0.12、熱伝導率3.8w/mk)をグリスの代わりに挟みました。
私はグリスの塗り方が下手でどうも多めに盛ってしまうし、均等に塗れない。
そんな人にはシート型が汚れないし便利。熱伝導率下がりますが使い勝手優先で。
フェイズチェンジというのは、貼ったあとに熱で溶けてより密着できるタイプです。
注意点は粘着力が弱いこと。片面だけに粘着があり、ヒートシンク側に貼ります。
よーく擦り付けないとヒートシンクにくっつかない。

■メモリ256Mから増設
PC-VT9003Dという型番で128Mx2枚のメモリ搭載。これでは動作が重かったので(空きメモリがほとんど無かった)、バルクの1Gを買いました。
今の相場で、PC3200 DDR400 1Gで3000円。
仕様ではデュアルチャネル対応とあったのですが、2枚も買う投資はしたくなく、2スロットに1G+余った128Mという構成にしました。
あとで仕様を見たら「最大1Gまで」とある。が、1.12Gで認識してXP home動いてます。

■マザーの電池
これもついでに交換。ボタン電池CR2032。近所の100円ショップに無かったので仕方なく300円で買うことに。

■TVチューナー
この機種はチューナーボード搭載タイプでした。SmartViewが視聴ソフト。
ソフトを復活させたらTVも見られるようになりました。当然アナログ。
2002年のパソコンですが電子番組表とか今も更新できるとは。ま、ネット側のサービス提供が終了とかさすがに無いか。

■搭載アプリケーション
私が買う場合はDELLやエプソンダイレクトなので、追加アプリは皆無なのですが、NECだと膨大な数のアプリが搭載されてますね…
しかもバランスを考えてか、同じ機能の複数会社のアプリを収録している。DVD編集とかいくつ重複してるんだ?プロバイダ入会アプリも著名ISPは全部網羅してるし。biglobeだけ売り込まないのですな。
ソフトナビという支援管理ユーティリティが無いと把握できないくらい。
不要なのアンインストールするのも一苦労でした。


こんな感じで復旧できました。もうちょっと長く頑張ってもらおう。

|

« EPSONDIRECT NT-5000ノートの修理 | トップページ | ニンテンドーDS『くまたんち』攻略ほどでもないメモ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/44349729

この記事へのトラックバック一覧です: NEC Valuestar VT900の改修:

« EPSONDIRECT NT-5000ノートの修理 | トップページ | ニンテンドーDS『くまたんち』攻略ほどでもないメモ »