« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.27

ニンテンドーDS『くまたんち』攻略ほどでもないメモ

(2009/3/29)
このゲームとグッズのセットをプレゼント→終了しました
http://blog.livedoor.jp/ntd7/archives/51279928.html


■徹底攻略ならココ
まとめwikiに集約&充実ですごいです。
http://kumatan.half-moon.org/

(2008/12/9追記)
ディンプルが今度の2008冬のC75コミックマーケットに出展します。
その中で好評だった特典『くま本』が『くま本だっしゅ』として買えるようになりました。
そこに攻略アドバイスのページが付くそうです。
以下がその情報プレビューですが、あくまでも「アドバイス」なところに注意とのこと。
http://otd3.jbbs.livedoor.jp/305696/bbs_plain?base=8230&range=1
ディンプル『くまたんち』出展情報のページ
http://dmpl.co.jp/comic_m75/


(2008/11/16追記)
クリスマス商戦です。横浜ヨドバシでは、ディンプルdimple『くまたんち』『ルプさらだ』『キラキミュージックアワー』の在庫を確認。
これで売り逃しはなし!?
休日は相変わらずの賑わいの店内でしたが、噂どおり、ニンテンドーDSは旧機種のLiteが売り切れで、DSiが在庫があるという不思議な状況になっていました。
ディンプルdimple『くまたんち』『ルプさらだ』『キラキミュージックアワー』

ディンプル作品の他関連記事
2008.02 るぷぷキューブルプさらだDS
2007.12 Pinky:St.キラキラミュージックナイト


ディンプルくまたんち 
20080923 くまたんち 売店店員のすももさん 20080926 ディンプル夏コミCDくまたんち番外編 20080925 ニンテンドーDSくまたんち 

(2008/10/12)
■クリア後の追記
発売日に買った人は続々とエンディングを迎えたわけですが、この区切りで、制作デザインのシガタケさんが裏話&アドバイスを自分のサイトで紹介されています。ご一読あれ。
http://shigatake.web.infoseek.co.jp/
・なぜ揺れたりゆれなかったりするのか>すももさん
・アイテムの微妙な値段付けの秘密>単位は円ですし
・二週間過ぎたあとはどうするか>実はエンディングがgoodでもbadでもその先があるんです


■スペック概要
2008年9月25日木曜発売
ディンプル新作のニンテンドーDS専用ソフト
癒し系育成シミュレーションゲーム
5040円。amazonとか実売4070円
初回特典:公式HPで無料配布していた壁紙や設定資料、雑誌描きおろしイラストなどを収録したビジュアルファンブック「くまぼん」

■スペック仕様
プレイ人数1人。セーブデータ2スロット
通信&WI-FI&対戦→非対応
タッチペンでできるがボタン&キーでも全操作が可能
プレイ時間:強制2週間リアルタイム(育成なので)

■どんなゲームか
プロローグや画面イメージは公式参照
http://www.dmpl.co.jp/kumatan/
二週間という期間の中で"くまたん"をお世話して立派に成長させましょう。
かわいいキャラクターとドットアニメーションで見た目で楽しい。
くまたんの周りには楽しい仲間がいっぱい(変な人もいるけど)
DSならではのタッチペンでコミュニケーション。
タッチすることとエサをあげることの二つしか直接のコミュニケーションしかないが
実は部屋模様替えや芸仕込んでのショーなどイベントも裏でからんでおり
簡単な好感度アップゲームにならない奥深さがあります。


■攻略とまではいかないゲームメモ(初級編)
ネタバレ注意です。

以降は私個人のプレイ結果から得られたもので勘違いやランダムにより同一仕様でない可能性があります。
急いで書いたので、そこも含めて読んでください。

*おもしろいの?
RPGやSLGのようなパラメタゲームです。パラメタ変化やアップが好きな人向け。
しかしそれらのように数値はここでは見えません。
パラメタものでも見えないところを推察するのが好きな人におすすめ。
あと、当然見た目重視でドットアニメキャラを愛でたい人にも。
ハバネロたんハウス好きだった人にもいいでしょう。

*二週間強制なの?
はい。木曜に開始して二週間後の木曜にエンディング…という流れです。

*DSの時計を巻き戻すとどうなるの?
セーブデータの日付と比較して、戻っていたら起動拒否となります。

*時計を進めるとどうなるの?
電源OFFまたは進めた時間分はゲームは進行していると処理されます。
見ていない時間帯におけいこの時間、ショーの時間があれば
それが実施されたとみなして、芸熟練度やおひねりの成果が加わります。

*じゃあ、すごく進めると早くエンディングに行けるよね?
結論的には行けます。
ただしお世話をサボったぶん、くまたんは空腹となりやる気もダウンしてます。
芸の練習にも立ち会ってないので熟練度も効率が悪いです。
久しぶりに会うくまたんは最悪の状態になっていますよ…

*でも逆にこまめに面倒見るのも面倒なんだけど?
まぁ、癒し系を謳っているので、非常に細かな世話は要求してないようです。
少しの時間でいいので日に何回か起動…というペースでいいようです。

*その少しの時間が夜しか確保できない学校や会社に行ってる人はどうするの?
現代の社会情勢を鑑みて?このゲームはシンプルなライフサイクルになってます。
「お出かけ→自由行動→おけいこ→自由→おでかけ→ ……締めのくまたんショー」
と一定のイベントを24時間まわしています。
つまり深夜早朝でも芸のおけいこやショーをやってます、毎日。
すももさんの売店も年中無休らしい。

*え?真夜中にショー開催ってありえなくね?
そこまでリアルにすると、サラリーマンプレイヤーなんかは
帰宅後にくまたんの寝顔を見ているだけ…という
どこぞのパパさんのようになるので。

*セーブの意味は?電源切っても話は勝手に進むのだよね?
電源切ったあとに再開するときに参照されるデータです>セーブ
例えば1日目にセーブ、二日目にセーブを比較した場合、
三日目にロードすると前者は二日分が自動処理、後者は一日分が自動処理の対象です。
あまり自動処理の部分が大きいと思いもよらない状態になっているかも。

*やりこみ要素は?
メインは当然くまたんを立派に成長させることですが、
それの補助として、部屋のインテリア、遊具、芸小道具、エサが買えます。
非常に高価な商品も登場。あれもいつか買えるのかな…

*イベント多数と聞いたけど?
「お出かけ」の時間帯に他の動物と出会うとミニトークのイベントが発生。
それの数を指しているのかは不明ですし、その数も全部確認できていません。
たくさんトークに出会って楽しんでください。

*ボイスは?
こんにちは!とか、ええーっ?とか部分的ボイス。フルではない。DSだし。

*くま本は?
企画からキャラ、オープニングアニメ制作までなんでもかんでも頑張ったシガタケさんに敬意を表し、ビジュアルを一冊にまとめました、とは巻末の高垣Pの言。
フルカラーでキャラや舞台の設定設計資料から壁紙(今後の発表分も先行で収録)、声優さん寄せ書きとか雑誌描きおろしイラスト、テレカ絵などなんでも収録。
さらに!シガタケさん作のねこくん漫画も収録。ねこくんファン垂涎必見です!!

*楽しいイベントばかりなの?萌える?
私が見聞した範囲では漫才っぽいのばかりです。シリアス不幸ネタは無さそう。

*すももさんが好きです
是非プレイしてください。売店担当なので一番出会えるし、話せるし、一番アニメーション大きいし、
揺れるし(笑)

*まぐろうさんが好きです
彼は改装工事で元の動物園にかかりきりなのでこっちの舞台には登場しません。だから…
おや?何かイベントが起きたようだ…

*園長さんが好きです
キャラ紹介「はじめと終わりしか登場しない」のとおりのようです。でも、にぎわい動物園を経営しているだけはある方です。
私も好きになりました。


■攻略じゃないけどネタバレ(中級編)

もっと知りたい人はリンクをクリック。これの続きの別サイトに行きます。
http://otd3.jbbs.livedoor.jp/305696/bbs_tree?base=8169&range=1
ブログだと全文クロールされるのでRSSでネタバレにならないよう。我流で見聞したメモですので正確さは保証しかねます…

■経験的なメモ・「なまいき」解消法

ちゃんと検証してませんが、自分の体験から。
一般的には「なまいき」状態から正常に戻すには、デコピンで叱ってもしくは餌を途中で取り上げて怒らせる→なだめる。
となるようですが、どうも怒らせたり泣かせたりは忍びない。そこで別の方法を…

*放置する
実は生意気状態でも支障はないのではないか。確かにけいこをさぼったりするがショーでは稼ぐし。
*ショーで失敗させる
レベル0の道具を持たせて放置。するとショーに失敗して人気が下がるのでさすがに生意気でなくなる。
*ナップルを食べさせる
大概は、はらぺこにするとなまいきでなくなるが(ならない生意気もあるけど)、食べさせると再び。しかし時々に満腹にすると「うれしい」になる場合がある。条件は不明。高級はちみつやナップルだとなるような気がする。気がするだけですけどね。


■関連ログ
くまたんち過去ログ
2008年コミケ74ディンプル参加の記事

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »