« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.22

PSP:ルプさらだぽーたぶる・またたびチラシ

http://www.dmpl.co.jp/luppsp/公式

ディンプルから冬に発売予定のPSP版るぷぷキューブ、ルプ★さらだぽーたぶる~またたび、
チラシが店頭にあると10月に聞いて入手したので(今更に)レポ
チラシ両面はこちら→http://ntd.way-nifty.com/blog/dimple.jpg

■基本データ

発売予定2009/12/24木:最速でこの日付で、公式では今冬としか書いてない。2010年にずれこむかも?
→amazonでは「2010年1月28日」に変更になってますね
媒体と価格:UMD(5040円) 及び Playstation Storeでもダウンロード配信(3900円)
(DS版4725円)

■DS版と同じところ

パズルゲームであるがストーリーモードで展開。ステージクリアで話が進む。たぶんシナリオ分岐は無い。
フルボイスで竹本泉先生の絵が楽しめます。
ふつう・むずかしい・るぷー? の3段階で各12話。1話あたり10ステージなので、360ステージ
これは、「さめがめ」「倉庫番」のようなパズルになってます。
それと別に「やまあるきモード」があり、さめがめのようにブロックを合わせて全消しをするもの。こっちは3000面以上はあるらしい…
1話ずつ電波ソングなやみつきになる?ボーカル曲がBGMに。曲は音盤るぷさらだとしてサントラ発売中。


■PSP版の新しいところ

ステージはチラシに450以上とある。DS版もそうだったっけ?増えたのかな。
チラシには「12面」とあるので難易度4段階なら48の倍数になるはず…。

『かたづけポイント』
ポイント救済システム。DS版では序盤にしかヒントプレイが付いてないが、今回はそれよりも多くのステージに付くことを期待。
それでもクリアできない場合は、やまあるきモードでクリアすることでポイントを代替獲得し本編の進行ができるらしい。

『またたびモード』
新しいステージがあるもよう。「従来と違うルールで」とチラシにあるので、本編パズル、やまあるきとも違う操作のゲームなんでしょう。
なお、またたびはねこめ~わく2巻の再びのシャレとひっかけてあるようです。
このモードのステージに使用されるであろう新曲BGMは、ねこめーわくに関係あるとかないとか?

あとはいろいろ先生の描き下ろしがあり、メインビジュアルや取説マンガも刷新されていることでしょう。
そして、DS版はPS版の売れ残りCDを折りたたんでROMに詰めたらしいのですが、今度のUMDは、CDをUMDサイズに切ってあるのでしょうか?(笑)
amazon


■竹本先生のゲーム

(そんなイオナじゃ許さない。)- そんな竹本ゲーじゃ許さない。-
雑誌ゲームサイドで竹本泉ゲーム特集で執筆したライターさんのブログですが、ここまで過去のゲームをそろえているとはすごい。
2ちゃんねるでも先生のファンのスレッドはあって、今度のPSP版も「買うのがファンのたしなみだ」と言っているし、パワーがあります。
ディンプルの高垣チーフプロデューサさんも先生の大ファンなので、その辺はわかって制作されているようですが、プレッシャーも相当なものでしょう(笑)。
ちなみに高垣さんも相当なコレクターらしいですよ>先生作品


■新たな音盤

竹本先生関連のサントラは「音盤」と呼称するのがメーカーを越えてのならわしらしい?
竹本泉 うたこれ データムポリスター歌のアルバム
amazonにログインしたら、おすすめに居ました。データムポリスター12/4発売予定。
『竹本泉が手がけたゲームの音楽CD、音盤「はたらきもの」「ねこめーわく」「ルプ★さらだ」に収録されたボーカル曲をすべて収録した待望のアルバム登場!杉本沙織、平松晶子らによるボーカル曲を全21曲収録!!』
るぷから11曲なので完全じゃない?(海の曲がない) 統合のベストアルバムのようです。
この時期に出すなら、ぽーたぶるの新曲を先行収録してないのかな?そうでないならこんな時期に出るのはなぜだろう。
「描き下ろしマンガ2P」とページ数まで予告されてて2頁しかないけど、ルプさらだ取説もそれ目当てのファンが少なくないようで。
こちらに詳細情報あり↓
RSK商品情報 竹本泉うたこれ データムポリスター歌のアルバム
RSK商品情報 音盤 ルプ☆さらだ

■ここの過去ログ
 ルプさらだレビュー

20091108 るぷぷキューブルプさらだ  20091108 ぽーたぶる またたび ディンプルPSP

|

2009.11.05

ウォークマンNW-A840レビューとルビコンの決断

(2010/8/18)
■再びウォークマンがシェアでIPOD越える
ついにウォークマンがiPodを逆転…“新型iPodのため買い控え”では説明つかない今年のシェア逆転劇

アップル社のはずっと新モデル出さないのでむしろそれでも一番に買われている、というのが怖い。
ソニーのほうが機能や音性能とかいいと思うのですけどね...で、やっと最近逆転したらしい。
秋にiPodの新製品が出たらシェア一位奪還されるかもしれませんが、ウォークマンは画面大きいしドラックドロップで入れられるし、再生方法豊富だし、動画mp4も観られるし、こっちがいいと思う。
しばらくはシェア一位の夢を見させて...


■ルビコンの決断の放送はひどかった
この製品発案のドキュメンタリーでプロジェクトXの5番煎じ狙ってるような構成で、たまに見るけどひどい。
どのように工夫したか、そこらと違った着眼点や大いなる意思決定とかで「なるほどだからヒットしたのか!」という納得ができないくらい説明が無い。だから感動できない。
http://www.tv-tokyo.co.jp/rubicon/backnumber/100121.html
ウォークマンの回は「2週間だけシェア奪還した」という、例のIPOD新製品発売前だから買い控えじゃん!の日をソニーの製品優位性だけで説明しやがった。買い控えの説明なし。
しかも新型ウォークマンは確かに良い製品なんだけど、それの理由が、製品企画担当者が四次元ポケットから取り出すように会議に出してくる。苦労とか努力とか積み重ね描写なし。会議出席メンバーも「わぁーこれはすごいですね」というだけでチームワークも無し。
「ジョギングしながら聞けるように考えてみたんだー」とか、いきなり完成品を席上に出してくる。デザイン過程はどこに?
企画者が独りワンマンで考案したのならノンフィクションかもしれないが、発売日に電話がかかってきて「え?売れている?ありがとうございます!」でENDのドラマで、どこに「ソニーはすごいね」と感心すればいいのかわからず。
伊藤園のおーいお茶の回も同様。ライバル茶に対抗するために現状の茶をリニューアルしたのだが、どのように変えたのかの具体的説明が無い。社長は「品のある香りの茶を開発しろ」と抽象的なひとことだけ指示。企画本部長が工場でテイスティングする映像だけ出してどう応えようとしたかわからない。何度か社長に提出してこれがいいと言われてEND。
わたしは伊藤園好きだけど、この放送見たら社長がいかにワンマン経営してるかばかり印象に残る。企画本部長がいい味を見つけたのはいいけど、他の者より能力あるこの人だけが救世主のように思える。この人居なくなれば会社大丈夫なのか...
この番組に取り上げられたメーカーさんはこんな演出が最高の宣伝になると思っているのだろうか。


(2009/11/04)
■ようやく再入荷。黒人気

sonystyleでは良心的で?在庫がないと売らないらしい。
予約して決済までして在庫着たら発送、という流れなのがネット通販ですが。ここでは在庫があったら初めて決済する。売りすぎを抑制できますが、買う側は予約の手続きと、入庫したらすみやかに(72時間以内と掲示)確定と決済する二重の手続きが面倒でもある。
そんな中、11/3にNW-A845の入庫のメールが来た。このとき三日間都合が悪かった人は買い逃すわけで。だから最初から決済済んでいるほうがいいと思う。
とりあえず注文済ませましたが、ネット見るとブラック色は売り切れ。本来はネットでも買えるようになるところが黒が人気があって予約で消えたらしい。
大容量のが在庫あるから、やはり高いのは敬遠されているのだろうか。
32GBとか、mp3貯めている人でもそんなに持ってないだろうし、パソコンを母艦とするからには、ウォークマンに全曲乗せても聴ききれないかなあ。
とにかく商品入荷のお知らせメールは見逃さないように。
Sonystyleで予約 ソニースタイルクーポン

■クーポンとソニーポイント

注文手続きも面倒ですが、クーポンも面倒です>そにすた
全商品割引クーポンと言いながらPSPには効かなかったり、有効期限や回数とか条件が面倒。
そこらはソニーも面倒と自覚してるのか、商品を買うと自動的に適用可能なクーポンを適用してくれる。
つまりソニーID取得してクーポンをデジタル登録しておけばラクという客囲い込みか。
滅多に買わないのでいつも期限切れにしてましたが、今回はVAIO type P 買ったので。でも10%割引しかないけど。
3年保証、昔は1年だったのに最近は3年になったんですね。で、保証をワイドにするクーポンもあるんですが、2000円取るのに無料修理とはこれいかに。
さらにスターポイントで顧客ランクでサービスの差別化、さらにソニーポイントというシステムがあって面倒。
とはいえ要らないと拒否せずに支払いに使える手段は行使する私は貧乏性。

■ソニー下取りシステム

今回は前のウォークマンを下取りに出しました。ネットでしか申し込めないし、現金でなくクーポンで支払われる。最初クーポン券が郵送されてくるのかと待っていても来ず、ログインしたらソニーIDでチャージされていた。
下取りも免許証はだめで住民票じゃないといけないし、1万円以内なら査定送料自費だし、そうした条件整えるのも面倒。
しかしS739が7500円で査定満額で通って、AVキャンペーン中で1130円増し。
ソニー下取りは二社あるので現時点で高めのほうのソフマップに依頼。保証書なかったのに満額になるとはラッキーでした。日頃大事に扱っていてよかった。
11/3申込で発送は指定が表示なかったですが、配送日時指定するなら11/6から選べたので、木曜に発送してくれるのかな?


(2009/10/31)
■ウォークマンNW-A840発売→売り切れ

2009/10/31あたりが新製品NW-A840系列の発売日、既に金曜から売っているようです。
Sシリーズが先行で出ていたので店頭でデモを見てきましたが、A840が音楽聴くだけでこの大きさ?な印象ありました。nanoなんか小さいのに。
でもS730系では男物ポケットには小さいので中で横向きになるので、A840のほうが広くて薄いので携帯電話と一緒に重ねて胸ポケットに入れられる。
…というわけで、ずっとスタイリッシュSシリーズを買ってきましたが、今回から同じ容量価格でS739に対してA845が16GBで24000円あたりということは、新製品が実質値下げしてるので(音質やインナーホン良くなってるし)お買い得に思えます。

ということで買うぜー!とSonyStyleで液晶保護シートと一緒に事前注文したら、
10/29クロネコ発送で私が不在で(相変わらず終電な多忙なので)、10/30に受け取ったら、
ウォークマンNW-A840用液晶保護シート
中身は液晶保護シートだけでした(笑)。モバイルのこんな小さなシートでも宅急便って…
クロネコさんも空箱運んでいるのではと疑ったのでは(汗。
というか、シートしか届きませんでした。なんと本体は発売日前に在庫切れで現在入荷待ち状態。
これだからソニーは。
一応64Gバイトのモデルは在庫あるがNW-A847って4万円超える。同じ形状で2万と4万…まぁ容量的にはお買い得ではありますが、PSP二台買える値段は高い。

ということでシートだけという空しい状況です。シートも980円とか無駄に高い。携帯電話用の転用でもよさそうだよね。一応2枚入り。
さて、いつ入荷するのだろう>16GBや32GBモデルのNW-A840


■ネットの評判では良いようだ>新A840シリーズ

前宣伝通り音がさらにいいらしい。新管理ツールは動作性能がイマイチらしい。
sonicstageCPにつながるらしい?(これができるとSonicstageVがとても嫌だった私には朗報)
SSVのレビュー→http://ntd.way-nifty.com/blog/2008/10/sonicstagev-167.html


■最上のNW-Xはダメダメ

店頭で初めてXも触りましたが、大きさが840と同じで厚くて重い。ボタンが一個でタッチセンサーでしか操作できないのは私は好きではない。
しかも静電気タッチで指の腹でぐっと押さないと反応しない。
私はザウルスとか小さいタッチ画面では爪でやってきたので。べったり押し付けるのはなぁ…
よほどiPodtouchのほうが私は操作しやすい。
S740も悪くはないがAと価格差が詰まってきているので今回はAを買ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »