« 豊洲:震災影響と関東計画停電 | トップページ | 東日本大震災:東北に生きていた津波への備え »

2011.04.02

千葉の水道の放射性ヨウ素と川崎の放射線量

■隠匿と言われてもしかたない?千葉で22日水質を29日報道

【原発問題】 千葉の水道水、22日に一般規制値超える336ベクレルの放射性ヨウ素を検出[03/29]
2011/03/29(火) 23:15:48.33
 千葉県と複数の自治体で構成する北千葉広域水道企業団は29日、江戸川を水源とする北千葉浄水場
(流山市)で22日に採取した水から一般向けの国の暫定規制値(1キログラムあたり300ベクレル)を
超える336ベクレルの放射性ヨウ素を検出したと発表した。
 北千葉浄水場から直接送水しているのは野田市、柏市、流山市、我孫子市、八千代市、松戸市、
習志野市。県営水道を通じ、鎌ケ谷市、船橋市、白井市にも送っている。
 同企業団によると、22日の水は現在の水道管にほとんど残っていないが、長期間水道を使って
いなければ「バケツ1~2杯の水を捨ててから使って」と呼びかけている。

http://logsoku.com/thread/raicho.2ch.net/newsplus/1301408148/

住民は「飲んでしまったものは仕方ない」状況ですね。逆にパニックを避けるウルトラC技を狙ったのか。
今は千葉県では、翌日発表をホームページで継続してますが、
それまでは数日置きにまとめてやっていたようで。それでも一週間後はねぇ?
やはりわざと遅らせたのか...


■神奈川は毎日発表
千葉の水道の放射性ヨウ素と川崎の放射線量
神奈川は水質は毎日1回発表です。大気汚染なんか1時間おきにすぐに発表。
原発事故後は監視を(引き続き)強化するという発表まで掲載していて、住民のニーズに応えようとしている姿勢が伺えます。
その結果を見てみると、爆発事故後に放射能値が増えてますね>川崎とか
もちろん人体に影響がない範囲ではありますが、今までとは高めになっているのが怖いというか、観測で爆発影響が出ているのが数値で見えます。
まさか原発と関係なく太陽のせいじゃあないでしょうし。
通常0.04(マイクロシーベルト時)が3月下旬から0.08と倍で推移中。専門家は「もとが非常に低い数値なので、○倍という表現では大きく感じてしまう錯誤」の指摘はしてますが、
本来適切に原子力が管理されていれば、ほぼゼロ検出で済んでいたわけで。
グラフにしてみましたが、最初の爆発ではすぐに数値が正常化しましたが、そのあとの連続の煙や高熱では川崎でも放射線量があまり下がらず、慢性的に放射を受けている状態と言えるようです。
福島に対しての神奈川でこんな調子なら、隣接県ではどうなっているやら。
役所のホームページの環境カテゴリで発表していると思うので、注視してはいかがでしょうか。


|

« 豊洲:震災影響と関東計画停電 | トップページ | 東日本大震災:東北に生きていた津波への備え »

旅行・地域」カテゴリの記事