« 虎ノ門:ビジネス街は喫煙エリア多かった | トップページ | 秋葉原:震災義捐街頭募金と敷地境界線 »

2011.06.03

科学の不思議とネット知恵袋

■知恵袋

ネットの知恵袋系では素朴な疑問とそれへの解説があってひまつぶしにおもしろい。
私は科学の不思議をずっと持っているのですが、結局解説読んでもまだわからないなあ。
難しい精密な解説になるので>物理科学系だと
分かりやすい解説が欲しいところ。

*太陽の光エネルギーはなぜすぐ無くならない?

解説では億年単位でまだ大丈夫とか書いてますが、
あんなでかい表面積で年中無休で放出してるなら急速に太陽が小さくならないのか?
でかい分だけ消耗も早かろうに?
太陽とは違う反応なんだろうけど、原子力でも大きなエネルギーを発生させて発電したりできるが
太陽や原子力からあんなエネルギーを取り出せるなら、
そんなエネルギーをだれがどうやって閉じ込めていたのやら。

*光の推進力源はなんで強力で遠くの地球まで届くか?

光は速いのはいいとして、何万光年も遠くから何万年もかけて地球まで届くのは
どういう推進エネルギーで後押しされているのか?減衰しないの?
重さは無いの?無いのに重力レンズ効果で光は曲がるの?

*潜水艦はなぜ浮上沈降できるの?圧搾空気とは?

潜行するときは空気を圧縮してその分水を取り込んで重くなるそうですが、
空気ってそんなに体積減るものなの?
人員エリアは1気圧のままだろうし、空気が密閉されたボール状態なのに沈む..
確かに沈んでいるのだからそういうものなんでしょうけど。

*重力があるのは?

2個のボールの間でも引力重力は発生してるのだろうか。
ボールの表面にご飯粒つけて高速回転すると粒は飛び出すのに、
人間は地表に居られるなんて不思議。
引っ張っている何かがあるなら、地球の中心部まで穴あけてダイブしたら
中心部では足のしたにもう引っ張ってくれる元の重力源は無いので下降はしない。
むしろ頭上に地殻マントルとか重いものがたくさん集まっているし?そこに引き寄せられないの?
でも均衡して中央で無重力状態に浮けるのかなあ。

*大気圏突入で燃えないようゆっくりにできないの?

助けてくださいシャア少佐!とかならないために逆噴射かけながら降りればいいのに...
解説では、理論上は可能だがそれだけの帰りの燃料を持って宇宙に上がるのは非効率だそうで。
それよりは空気クッションと摩擦熱に強い機体で降下減速するのがいい。なるほど。

*宇宙の外側は...
...やめておこう。誰にもまだわからない。
私は、誰かのパソコン上のメモリ空間で動作させられている存在なのでは?
と思ったことがあり、それはシミュレーション仮説派というらしい。

|

« 虎ノ門:ビジネス街は喫煙エリア多かった | トップページ | 秋葉原:震災義捐街頭募金と敷地境界線 »

科学技術・宇宙」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/51856017

この記事へのトラックバック一覧です: 科学の不思議とネット知恵袋:

« 虎ノ門:ビジネス街は喫煙エリア多かった | トップページ | 秋葉原:震災義捐街頭募金と敷地境界線 »