« 長崎:色づく世界の明日から・夜景スポット | トップページ | 長崎ぶらぶら好き:~唐八景スタート編~(3、4) 「愛宕神社」まで »

2018.11.01

長崎ぶらぶら好き:~唐八景スタート編~(1、2) 「田上」まで

20181101

ひとつ30分番組で、パート1と2で一時間相当。

■~唐八景スタート編~(1、2) 「田上」まで
・唐八景の山はかつて「ツグメキ」と呼ばれていた。由来不明。
・唐八景=東泊(とうはく)の渓(けい)
・準堤観音の大祭のときに唐八景でハタ揚げをしていた
・アメリカのデビッドソン隊が星を観測撮影したので、星取山
・旧領地が三叉路になっているところがある。
 八景町(南が丘町)=大村藩、上小島町=天領、田上町=島原藩
 長崎港は江戸時代に重要な交易港だったので、大村藩島原藩も近くに領地持っていたのですね。
・向井去来が来ていた千歳亭の跡
探訪マップ:http://www.1chan.com/burabura/index.html

■~三菱造船所スタート編~(7、8) 「小瀬戸公園」まで
この回でおもしろかったのは、地名「小榊」が3つの地名「小瀬戸」「木鉢」「神の島」の合体なこと。
http://www.1chan.com/burabura/images/map_54.jpg
あと、2018年10月アニメ『色づく世界の明日から』でも登場する女神大橋、長崎港の玄関ですが、女神の地名の対岸に男神があるのを知りませんでした。

|

« 長崎:色づく世界の明日から・夜景スポット | トップページ | 長崎ぶらぶら好き:~唐八景スタート編~(3、4) 「愛宕神社」まで »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3180/67347695

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎ぶらぶら好き:~唐八景スタート編~(1、2) 「田上」まで:

« 長崎:色づく世界の明日から・夜景スポット | トップページ | 長崎ぶらぶら好き:~唐八景スタート編~(3、4) 「愛宕神社」まで »