« 2018年11月 | トップページ

2019年1月

2019.01.02

windows:パソコンをwin10に買い換えて困ってること

こっちは、新機種で戸惑ったことへの対策講じの記録です。


■無線が不定期に断絶する??

マザボの名前「ASRock H310M-ITX/ac」のとおり、Wi-FiのACが内蔵で
ロッドアンテナも二本マザボに挿してあるのですが、
一日2回ほどのペースで切れます。
OSで自動接続の設定をしているので、再接続はなされるのですが、
動画や音声のストリーミング中でもいきなり切れるのでストレスです。
これの原因や規則性がつかめません。
ルータ側が悪い可能性はありますが、前のパソコンでは一切無かった問題ですし。
インターネットでも「win10だと切れる」話はあるものの、私に決定打な解決策に出会わず。
当面は、以下の設定で頻度は低くなっている気がします。
・マザボメーカーの最新ドライバを使う
・2.4Gと5Gのデュアルバンドモードで使う
・intel Wi-Fiの省電力設定はどれも使わない

■イベントビュワーに大量のシステムエラーが出ている

特に「ID 10016」が消せません。
ほかのエラーはインターネット情報でレジストリで解決できましたが。
APPIDが自明なものは「レジストリでコンポーネントサービス管理ツールの変更権限を獲得する」→「dcomcnfg起動して該当のAPPIDを選んで権限を与える」で解消できたのですが、
このAPPIDが大量に権限エラーを起こしているのがおかしい。
インターネットでは「実害ないです、放置していい」との回答が多い。
実害ないならエラーとして表示させるなよ>マイクロソフト
こつこつつぶしたのですが、以下のように「APPID 利用不可」だとdcomに該当メニューがないので権限をちゃんと与えることができない。

アプリケーション固有 のアクセス許可の設定では、CLSID
Windows.SecurityCenter.WscDataProtection
および APPID 利用不可
の COM サーバー アプリケーションに対するローカル起動のアクセス許可を、アプリケーション コンテナー 利用不可 SID (利用不可) で実行中のアドレス LocalHost (LRPC 使用) のユーザーに与えることはできません。このセキュリティ アクセス許可は、コンポーネント サービス管理ツールを使って変更できます。

イベントID320エラー=winhelloデバイスが無いため。
レジストリで稼働のフラグを0にすること。


■スタートメニューがカスタマイズしにくい

使わないアイコンを右クリックで削除できないし、好きな行に持っていけない。
windowsボタンの右クリックメニューが増えたのは便利だが、これも変更設定が無い。
コントロールパネルが隠匿されたのは不便。「設定」メニューでは簡単にしか変更できない。
もっと階層をおりると従来のコントロールパネルが出てくるのか。
右クリックメニューにコンパネショートカットを登録するため、隠しフォルダにショートカットを置けばいいらしい。


■ユーザーフォルダ(ライブラリ)の表示が邪魔

win8のときはライブラリと呼んでいたがwin10では単にフォルダーと表示される、ドキュメントやマイピクチャ。
エクスプローラーの上部に表示されるので邪魔。これはレジストリをいじることで消せる。
フォルダの数が減るかな?と思い、ダウンロードフォルダの場所変更をデスクトップにしたら、
デスクトップの名前がダウンロードになって、ダウンロードが2個表示される。win8でもそうなる。
この名前を戻せない・・・・。2個統合しちゃった場所は
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVirsion\Explorer\User Shell Foldersキー
の修復で分離できたが、名称が2つともダウンロードのまま。
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_vista-files/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%95/83dbec58-6262-4180-812f-1170ab7686be?auth=1
正確には、ファイルエクスプローラーのライブラリは修復できたが、
名前を付けて保存の左ペインに出るライブラリがおかしいまま。
左ペインのレジストリはどこなんだろう。
win7のときみたいに「欲しいライブラリだけ表示、他は削除」と手軽にできないものか。


■その他の設定

タスクバーの時計に秒が表示できない=レジストリで秒を追加

設定>システム>バージョン情報 =バージョン番号とビルド番号が得られる。
コンパネ>システム =バージョン番号とビルド番号は載ってない

コンパネ>プログラムと機能 =インストールしたデスクトップアプリ一覧がある
設定>システム>アプリ =ストアアプリ一覧
設定>システム>アプリ でもデスクトップアプリ一覧もあるがバージョン情報が載ってない

設定>システム>マルチタスク =画面端で勝手に整列する機能on-off
再起動=リブートの場合は、高速起動のステップを踏まず通常起動になる
高速起動=デフォルトで起動属性は高速起動ONになってなる。古い機体だと高速に対応してなく、
私の会社のPCでは高速起動ONだと起動できないのがあった。win8でもできず。

設定>更新とセキュリティ>再起動オプション winupdateで再起動していい指定時刻
設定>更新とセキュリティ>アクティブ時間  winupdateで再起動してはダメな時刻
設定>更新とセキュリティ>詳細 winupdateを延期する。homeは延期を拒めない。この強制updateの仕組みもいかがなものか。デグレードの危険性があるのに。
一応レジストリいじれば止められるみたいだが、2018秋版は各ソフトメーカーが動作保証を終えてないし、まだ導入したくないなあ。

スタートメニューの実体ファイル C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
スタートメニュー右クリック実体 %LocalAppdata%\Microsoft\Windows\WinX\Group2、
コントロールパネル %windir%\system32\control.exe

prtscreen> デスクトップ全体を画像でクリップボードへ
win+prtscreen> デスクトップ全体を画像ファイルで保存
Snipping Tool> 自由に矩形範囲キャプチャ
「Windows」+「Shift」+「S」> 自由に矩形範囲キャプチャ 2017.01からの機能

| | トラックバック (0)

2019.01.01

windows:パソコンをwin10に買い換えて良かったこと

20190101a
win10に買い換えたものの、OSを知らなくて設定チューニングに時間を要しています。
ハードウェアのほうも、新技術で仕様がよくわからないなあ。
昔のMS-DOS時代のほうがシンプルでよかったなあ>回顧おじさん主義

とりあえずスペックを記録しておく

■2018年11月購入
eX.computerエアロミニMI5J
windows10home64bit・ディスク付
Intel corei5-8400 6コア2.8Ghz、TB時最大4.0Ghz、9MBキャッシュ
Intel H310 mini-ITXマザーボード(ASRock H310M-ITX/ac)
メモリ8GB(1枚) DDR4-2666
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 630(DVI-D、HDMI、DP)
ネットワークIntel 802.11ac Wi-Fi(2.4/5Ghz)Bluetooth4.2
ディスクSSD WD BLUE 3D NAND SATA6Gbps
BDXLブルーレイ(HLDS BH16NS58・CyberLink PowerDVD12付)
PCケースeX.computerオリジナル 160w電源
モニタ27インチLCD-MQ271XD(2560*1440)HDMI接続

■2010年06月購入
eX.computerエアロスリムRS3J
windows7ultimate64bit・ディスク付
Intel corei5-660 2コア3.33Ghz、TB時最大3.6Ghz、4MBキャッシュ、HT
Intel H55 microATXマザーボード(Intel DH55TC)
メモリ4GB(2枚) DDR3-1333
グラフィックスNVIDIA GeForce210/512MB(DVI-D、HDMI、Dsub)
ネットワークLANポートのみ
ディスクHDD 1TB
ブルーレイ(LG)
PCケースeX.computerオリジナル


■新機種にして良かったところ

ワイヤレスを推進できた。配線すっきり:
インターネットには無線。ゲーマーならLANケーブルでしょうが、部屋配線がうざい。
今までは無線子機を足していましたが、最近はマザーに内蔵なので足さなくていい。
音楽音声も、Bluetoothヘッドホンにしたし、マウスも無線マウス。
キーボードもBluetoothにしようかと思うも、FILCO有線がまだ使えるので。
一番良いキーボードはマイクロソフトだったのですが(プログラムボタンがたくさんついてるやつ)、
テンキー無しで机上をすっきりさせたくて。

HDMIでも配線すっきり:
映像と音声を一本で済ませられる。LCD-MQ271XDには内蔵スピーカーがあるのです。

内蔵グラにしたので筐体もすっきり:
無線子機USBとかビデオカードとか挿すと、ごちゃっとするし筐体のエアフローが悪くなる。
マザボ内蔵で済ませられるものはそうしたほうがいいと思います。

筐体を小型化:
友人たちはノート型が主流ですが、やはりパワーがほしい。
でも部屋を狭くしたくないので、ミニにしました。
九十九電機の前回のスリム型が良かったので、さらに背の低いミニにしました。

処理性能が上がったけど省電力:
i7以上の電気食いは嫌だったので、i5にしました。
つまりフルパワーは欲しいけどすごく熱いのは避けてミドルクラスがいい。
3Dゲームはしないので。
タンパク質解析グリッドコンピューティング参加のために
cuda使える高性能グラボに興味あったのですが、
前の機種でパソコン疲弊したので、解析はほどほどに参加しよう。
CPUも今まで3Ghzで今回2.8なので、普段は電気は節約でき熱くならず
ターボブーストでは4Gまで回せるらしい。
ブーストの効果なのか、解析でフルパワーで回すと、CPUモニタが
使用率100%を超えるような表示に??
20190101b
(なんかCPU使用率115%になっている?135とかにもなります。)

ディスクをSSDで高速化:
やはりサクサク動かすにはSSD。以前は高額だし小容量で買わなかったのですが、
自分はディスクを消費しないので小容量SSD一本でも十分たりるようです。
(TV録画をしてますが、見たら削除し、貯めたくない性分)

BDXLで倍増化:
安全のためファイルのバックアップをブルーレイにしてるのですが、
50GBで一枚ディスクは便利。ブランクディスクも安くなりましたし。
まぁ、最近はデフォルトでXL仕様が付いてくるのでしょうけど。

大画面化:
今まで1280*1024でしたが、さすがに狭くて二画面にしてました。
するとロープロファイルなgeforce210では、チップ温度は上がるしファンがうるさくて
負担が大きいようでした。
(ファンが小さいので大口径よりうるさくなる)
インテルも内蔵のが結構性能あがってきたので、内蔵でも良いようです。
2560*1440にしました。広い!
安価なマザボやグラボでは昔は1920出力が限界なポートがあったので、
ちゃんと2560出せるか確認して買いました。


■ツクモ筐体の一番の良いところ

一番嬉しいのは「リセットボタン」が本体にあること。
昔の8bitパソコンのときはNECやシャープとかの時代にはあったものです。
いまでもOSハングアップしたとか、リブートをいちいちメニューから選びたくない、とか
ボタン一つでリセットできるのは快適。


■新機種にして悪くなったところ!?

謎の挙動をするところがあり、その調査と勉強に悪戦苦闘しているため、
ネットへの出現頻度が下がっていたりします。
win8経由して日ごろwinを勉強していれば・・・と思ったのですが
やはりwin10は複雑化隠匿化が進んでいて、直感的に扱えなくなってますね。
そこらへんは次回にレポートしたいです。


| | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ