カテゴリー「旅行・地域」の投稿

2018.01.01

長崎:テレビ番組の長崎特集の感想1

記録がてら長崎県や長崎市の放送番組の感想を。
かなり貯め込んでいまして、ようやく書きました・・・
長崎市

■歴史発見城下町へ行こう
(2015/5/2 TOKYO-MX)
江戸時代、長崎市は海外交易で重要な都市であり、キリスト教禁教で監視の目を光らせる必要もあったのに
「城が無い」のは不思議でした。
しかもこの番組、城下町を紹介する番組なのに長崎をとりあげた。
理由は「長崎は直轄地で江戸城があるから長崎には城を造ってない」とか。なるほど。
天領なところは城が無い理由がこれか。
で、番組的にも江戸城の城下町なので長崎も対象だそうで(笑)。
古い貴重な写真を多数紹介してあり、よい番組でした。

■ドキュメント72時間・長崎お盆はド派手に花火屋で
(2016/9/29再放送 NHK総合)
浜町近くの「花火の立岩商店」のお盆の繁忙期のドキュメンタリー。
一日千人の来客があり、何十万円も花火をまとめ買いするらしい。
私も小さい頃は精霊流しを見物してましたが、大量の花火をどこで売っているのか気にしていませんでした。
市内には花火屋がいろいろあったのですね。
番組中に、さだまさしさんの弟の佐田繁理さんも登場、母をお盆で送るために花火の準備で来店したそうで。
あとで、さださんの番組で「弟がTV出てた」と話してましたね。
精霊流しを長崎人の私が改めて勉強できた番組でした。
長崎人には花火は大事です。

■残響の街長崎・福山雅治故郷を撮る
(2016/12/22 NHK総合)
30年ぶりに長崎に戻って訪問の福山雅治さん、
長崎市街にどういうかかわりがあるの?出身なだけで、さださんほどには長崎っぽく無いかも?
と思っていたのですが、福山さんはすぐに歌手デビューしておらず、
高校卒業後は営業マンで造船所に出入りしていたとか、地元で働いていたそうで、
そのときに明治時代からあるジャイアントカンチレバークレーンも見ていたのだろうで。
毎日見ている風景だから、世界遺産になるほどのすごいもの、という意識はなく、
「日常としてそこにあった」という説明になるほどでした。
写真とることも知ってましたが、今回の「残響」の意味は、
「長崎の写真を見るとそこから音を感じる=残響」ところがあるのだそう。
長崎の港が昔から栄えた解説もあって、
・山に囲まれて水深があった
・山に囲まれて風よけになった
という地理的利点があり、近くから石炭も採れたことも利点でしょう。
長崎夜景、軍艦島、教会と禁教令、原爆などに言及していた番組でおもしろかったです。

■空から日本を見てみよう+長崎県長崎市 #201
(2017/1/10 BSジャパン)
この見てみようシリーズはおもしろいですね。
長崎はバス代金支出が日本一だそうで。
私の実家も長崎市とはいえ市の端だから、市街地までは一時間かかるのをバスで遊びに行ったり
高校に通ったりでしましたから、確かにバス代金がかかっていたなぁ・・・
距離があるから、市内同一料金にはできないだろうし、
立山とか山の上までバスが登るから、コストから市内同一料金にはできないでしょうなあ。
路面電車よりも複雑なバス路線網ですので。
浜町アーケードも紹介され、元は国道だったと。隣の今の道路は元は小道で拡張されたと。知らなかった。
石橋地区の道路の下に埋められた石橋はブラタモリでも紹介されてましたね。
三菱重工のクレーンも紹介されましたし、長崎ペンギン水族館まで紹介が。
昔は普通の水族館でしたが、昔からペンギンに力入れていた印象はありました。
なんでペンギンが居るかといえば、長崎港を母港とする捕鯨船団がペンギンを持ち帰ったのが由来。
今では勝手に持って帰れませんね(汗
くもじい&くもみは引退らしいですね、2018年からキャラ交代らしい。

| | トラックバック (0)

2017.12.02

川崎:ラゾーナのクジで駄菓子一個だけ

しょぼすぎる・・・・
川崎ラゾーナで「ラゾーナクリスマスプレゼントキャンペーン」2017/12/1--12/25
ってのをやっていて先日に買物していたのですが、
「5000円買物で一回スクラッチくじ」「1000円で補助券、5枚でスクラッチ交換」
までは、よくある話だったのですが、賞品がしょぼい。

特等=お買い物20万円分・3名様
一等=ツアー10万円分・3名様
一等=液晶ポータブルTV・3名様
ナムコ賞=クレーンゲーム一回無料・2万名様

一等までは絶対当たらない少数確率なので、最初からあきらめるとして、
二等から「クレーンゲーム1回」ってところでケチっぷりが露呈していて、
この二万名の更に下にいろいろ賞があるのですよ。

私が当たったのは「駄菓子賞」。
駄菓子セットかな?と思いきや「駄菓子を一個だけ」・・・
引換所で「ラムネとかうまい棒、好きなのをお選びください」・・・って、10円20円じゃん!
一番最下賞が「残念賞」、これ無料ドリンクを食事店舗でもらえるのですが
*残念賞スクラッチ5枚必要
*メイン食事をオーダーする必要がある
・・・そんなセコい無料ドリンクがあるかいっ!ってな感じです。
そもそもクリスマスの企画なのに、「残念」とかの言葉を使うことからして、面白くないし、
5枚の残念賞って、2万5千円も買物してくださった客に5回も残念と宣告して、しかも「食事を頼めば、お前にフリードリンク1つだけ権利をやろう」な仕打ちはひどい。
普通の商店街クジでは、残念とか用語使わないし、最下位でももっとマシなものくれますよ。
食事のクーポンなんて、500円600円の食事で100円引きのクーポンくれるぐらいなのに?
(箱根そば100円相当トッピング5枚、かつや100円引、ペッパーランチ飲み物無料とか)

私は、買物当日にクジやらなくて、翌日にクジの引き換えに行ったら、駄菓子一個だけ。
ラゾーナ往復した交通費が損でしたよ(苦笑

ネットでラゾーナスクラッチの話題がないし、そもそも、ラゾーナ公式サイトでも見当たらない??
残念ドリンクはどこの店舗でどんなレベルのドリンクなのよ?
説明がない。
ドリンクは1/31まで交換できるとあるが、引換所が撤去されたら、店舗とか聞けない。
インフォメーションに聞け、なんでしょうけど、そこまでしてハズレ5枚交換の労力は割に合わないですよね。
もしも、コーヒーフロートとか頼めるのなら、駄菓子一個よりはるかに格上じゃん。

いままでの商業企画で見た中で最悪の部類の企画ですねこれは。
20171202

| | トラックバック (0)

2017.11.19

長崎:ブラタモリ#1&2(2015年)

NHK、以前はニュースだけ見ていましたが、忙しくて今は滅多に見なくなりました。
大河ドラマも、真田と八重の桜を部分的に見たぐらい。
アニメもいいのが無い。
そんな私がNHKに受信料を払うのは、「ブラタモリ」「コズミックフロント」のためだけ、と言えましょう。

ブラタモリ、第一期で関東東京を巡る編がすごくおもしろかったので、全国版として第二期が始まって嬉しい限り。
第二期のトップバッターが長崎で2話連続とは光栄の限り。
#1長崎市編のときの現地案内人が、『長崎ぶらぶら好き』の山口広助さん!
NHKはグッジョブでした。
本来は、ケーブルテレビの人気番組の山口さんだから、NHKは招聘しないだろうと思ってました。
・石橋のはなし、橋は無いなぁ?と思っていたのですが、道路の下に埋められていたとは知らなかった。
・坂の町なので住宅の各戸のごみはソリに乗せて下りながら収集していたのか。
・『長崎ぶらぶら好き』を見ていたので、長崎市街は埋立地ばかりだとは知ってました。
 造成したのは出島だけでなく、とても広く干拓していたんだなぁ。

長崎で学校に通っていた頃、そういうの習わなかったなぁ。
ブラタモリ、学校の社会や地理の勉強に有用だと思います。

#2で池島炭鉱探訪でした。
長崎「県」としては、歴史や地勢とかネタはたくさんあるのですが、炭鉱をチョイスとは渋い。
しかも流行りの軍艦島ではないという。
タモリさんも、下ネタ好調でしたね(笑)>トンカチは男は股間に持ってるネタ

先日の放送でまた名古屋やっていたので>#90 2017/11/18土曜
三回目で長崎に来てほしいですね。
でもまだブラタモリが行ってない県がまだある?
山形、福井、鳥取、山口、徳島、佐賀、宮崎 残り7県 らしい。
それらにも行ってほしいですね。

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%A2%E3%83%AA+%E9%95%B7%E5%B4%8E

| | トラックバック (0)

2017.11.18

東京:カラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年

今更な感想ですが、NHKでの放送。2015/1/1木曜・再放送
モノクロをカラー化する、しかも動画で。
静止画ではWEBサービスで一般でも使用できるようになってきましたが
もともと色数が少ない不可逆な情報なのに、今どきの技術は大したものだと見ていました。
おもしろかったです。
歴史ものが基本好きで昭和ノスタルジーも好きなので、昔の記録映像がおもしろい。

印象的だったのは、学徒動員のシーン、
男子が競技場のトラックを行進し、女子が観客席から観覧する映像だったのですが、
カラー化したのにカラーになってない、というシーン。
学生服は黒だし天気も良くないし。だから鮮やかな色彩が無かったわけで、うまい演出。

そして最後の終戦直後の映像もよかった。
戦争に負けて、関東平野も焼け野原、物資もない。外国に占領されている。
正しい情報や教育を得られなかった国民は、今後を憂いて絶望してるかと思っていたら、
その映像では、みんな笑っていたのが印象的でした。
配給の長い行列、カメラ向けられて笑っていた。
焼かれた自宅を掘り返して金目の物を探す家族も、クワを持つ男は笑っていたし、子供も笑って走り回っていた。
いい人たちなんだなあと思いました。

■カラーでよみがえる『第一次世界大戦』
こういう放送もあったんだ?見逃した。
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%A7%E3%82%88%E3%81%BF%E3%81%8C%E3%81%88%E3%82%8B
http://www.dailymotion.com/search/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%A7%E3%82%88%E3%81%BF%E3%81%8C%E3%81%88%E3%82%8B
先の東京のカラー化で、震災大火災も紅蓮な色だとインパクトあるし、
戦争ものも、カラーで見ると印象が強まりますねぇ。

| | トラックバック (0)

2017.10.10

九州:ブラックモンブラン保冷剤擬態、ヘルシア緑茶値下げ

”冷凍庫にかくれる!擬態アイス その正体は・・・九州のソウルフードアイス 竹下のブラックモンブラン”
(パッケージより)
やっと買えました。保冷剤擬態バージョン。
長崎にいたときはよく食べていたなぁ。
事前情報通りに、なぜか関東のドンキホーテで販売中。昔からこの店で売っているよね?
何か関連があるのだろうか。
だって、輸送コストがかかる九州佐賀の工場から取り寄せて、98円で売るなんて、儲けにならないでしょうに。
(他にもアイス種類あるだろうに)

2017/10,この三連休、銀座店と川崎店では売っていました。
川崎店は通常版と擬態版ともに大量に在庫ありました。(銀座店は少なかった)
まとめ買いしようかと思ったのですが、保冷バッグと保冷剤をドンキで見つけきれなかった。
ドライアイスのサービスもないようだし、レジに並んで待つだけでも溶けそう。

関東では、ラーメン屋のデザートでもブラックモンブラン売っているらしいが、行ったこと無い。
あれって、ラーメンと一緒に出て来るの?んなわけないか。溶けるし。
20171010


■ヘルシア緑茶値下げ?

この前ファミマで買ったら172円でした。今までは190円定価から絶対に値崩れしなかったのに。
あれだけトクホ緑茶が増えたし、強気の価格設定が難しくなったか?
私はあの渋い味が好きなのですが、高いので滅多に買いませんでした。
通販でもケースで「一本あたり170円」とかありますね。
一時期集中して飲んだことありましたが、1回目は体脂肪減った。二度目では変化が無かったので
トクホが減量に寄与しているのかは実感でわかりませんでした。

| | トラックバック (0)

2014.10.20

豊洲:台風一過の富士山を東京から

久しぶりにブログを書いてみるテスト。
先週の台風19号は関東を早朝に過ぎて、10月14日の東京の朝は雲のない秋晴れでした。
それで久しぶりに富士山が見えました。
実際にはもっとたくさん見えているのでしょうが、
私が仕事の合間に街並みを眺めて、そのタイミングで見えた範囲では、何ヶ月ぶりの非常に久しぶりなのでした。
いつも雲がかかっているのです。

16日には初冠雪もしたそうで(私も自前で撮影したかったのですが先週は雲で確認できず)今年もどんどん冬に向かっていっていますね。

東京豊洲からレインボーブリッジと富士山台風一過の東京豊洲からレインボーブリッジと富士山

| | トラックバック (0)

2013.07.29

コンビニ淹れたてコーヒー安くておいしい

(2013年11月)
日経トレンディが「2013年ヒット商品ベスト30」を発表した。1位は「コンビニコーヒー」、2位は「パズル&ドラゴンズ」、3位は「アベノミクス消費」。ここまではアレゲな皆さんにもまあ分かる話だが、4位は「半沢直樹」、5位は「伊勢・出雲」
http://idle.slashdot.jp/story/13/11/02/050213/
今年のヒット商品一番になってましたか。
ネットではセブンのコーヒーサーバーが操作わかりにくい話題が。
「R」「L」をレギュラーとかでなく右左と思ってしまいますか。
とにかくずっとサービスが続いてくれると嬉しいです。私も今でもよく飲んでいます。


(2013年7月)
今年2013年は、コンビニで自前ドリップして提供するコーヒーが各社出揃いました。
アイスコーヒー好きの私にとっては、選択肢が増えてうれしいです。
私はスタバとかのコーヒーは確かに好きなのですが、一杯300円とかではやはり高く、
日頃は缶コーヒー(安売り100円)ばかりなのが実態。
そこに登場した、120円缶やマクドナルドより安くて、スタバのような作りたての味、
総じてどこも(私には)オイシイと思います、ので味とかのレビュー感想は略して、
どんな商品かだけを紹介。買い方を覚えてあなたもコンビニコーヒーデビューを。

なお、解説・買い方はアイスコーヒー版です。私はそれしか飲まないので。
ホットやラテとかいろいろあります。

■セブンイレブン『SEVEN CAFE』
ビジネスニュースで今年よく売れているとか記事が出ています。
バリスタマシンを今年にリニューアルしたようです。
レギュラー100円なのが安くていい。
アイスコーナーでカップを取ってレジで精算、そのあとフタを剥いでマシンにセット、
豆挽きからやってそれでも早い出来上がり。
それまではセブンオリジナルの缶コーヒー安いのでよく買ってました。
今はこれを毎日よく飲みます。

■ファミリーマート『あじわいファミマカフェ』
アイスは180円で高め相場ですが、量がちゃんと多い。
セブンと違ってレジで「アイスコーヒーください」言ってカップを受け取る。
(レジの中に冷蔵庫があるのか?)
または氷売り場で自分でカップを取ってレジに持っていく。
ここも挽く蒸らす淹れるを毎回やってる作りたて。それでも早い。
高いけど、開店記念セールとかゲリラ的に値引している場合あり。
店舗導入数も多いので買いやすい。
ファミマではチルドドリンク(缶でなくプラに入ったアイスドリンク)が多いけど
店頭各店売りのためにマシンを作るとは。

■ローソン『マチカフェ』
店員さんがレジの中で作って提供してくれる、セルフでないタイプ。
180円だけど、ponta会員なら150円。
メニューも多い。
ナチュラルローソンならイートインがあると座って飲める。
専門珈琲屋の値段が高いのは、場所代コストもあるわけで、
それを排したぶんだけ、コンビニは似た品質で安くできるのでしょうか。
しかしローソン、導入店舗数がかなり少ない。ふらりと寄ったローソンに無い。
WEBで店舗検索できますが、神奈川だと川崎駅前でも1軒だけ...

■ミニストップ『M's Style coffee』
アイスクリーム提供とか昔から店頭販売やってる。
イートインが無い小型店舗でもドリンクはやっている場合が多い。
特長的は、専用マシンでなくサーバーでの汲み置き。
アイスを注文すると、他社より少なめの氷の入ったカップをくれます。
そこに好きな量だけ注ぐスタイル。
まぁ特別大きなカップでないので、沢山は注げません。
たまに「ホルダー要りますか?」と聞いてくることがある。
厚紙に丸穴あってそこにコップを挿してコンビニ袋で持ち帰るアレ。
これが提供できるぶんちょっといいかな。
実はコンビニアイスコーヒーの欠点は、「片手が塞がって濡れるし冷たい」
透明プラスチックなので結露するし、満杯に入っているので
冷たくないところ(持てるところ)が少ないのですよね。
あと、ここの氷はすごく大きくて、他社のように熱湯で氷を溶かさないので、
氷が邪馬でストローが挿せない(笑)。

■サークルKサンクス『FAST RELAX COFFEE』
ここはマシンが特殊。レジで注文すると、
Kカップという密封された豆カートリッジとコップが渡される。
Kカップをマシンに装填し(2番のマークの有る引き出しにセット)、
カップを置いてアイスボタンを押す。
カップを開封する必要ない。プスリと刺してドリップしてくれる。
他社と違うので店員さんに操作を教えてもらうのも必要だろう。
豆をその場で挽かないパック方式だが、味は十分良い。
マシンも他社より一番小型。ただし表示が無いのでできあがりが不明。
熱湯をドリップ終わると、中でKカップを自動イジェクトする
「ガコン!」って音がするので、それがカップ取ってもいい完成サインとしています私は。
自動で排除されるので、自分が装填するときに前のが残ってない。
ここの氷は天然水使ってて白い。
カートリッジ内に豆があるので、味が複数選べる。アイスは一種。
あと、ここも100円でセブンと同様に安いのもいい。
ファミマとここは、セブンのようにカップを密閉しないので、
氷に熱湯がまんべんなく当たるように回せる(笑)。

■デイリーヤマザキ?
江東豊洲駅前店には、PODというマシンがあります。
コーヒーPODは、豆を封入した円盤型カートリッジを装填してドリップするタイプ。
他の店では見かけない、そこだけ独自なのか?
それとも設置がまだ少ないのか?
レジで注文し、168円払う(アイスコーヒーは1種類)
・氷の入ったカップとカートリッジを受け取る。
・HOTかICEの表示を押す。それが開始ボタン(ボタンとわかりにくいが)
・カードリッジを入れるところのフタが自動で開くのでセット
・再度、表示のボタンを押すと閉じてドリップ開始
・液晶で進捗を表示するので、できあがり表示で完成。
ここもカートリッジなので味が選べる利点がある。アイスはここも一種だけど。

■総括
味は専門店に近くて、苦味や渋さがちゃんとある。
それで安いのがいい。
自分で作るので、レジで最低限の店員会話で済ませたい人&忙しい人にいい。
缶コーヒーも手軽ですが、これらは量が多いのも特長。
欠点は、清浄メンテでときどき休止してるので、そこに遭遇すると買えないこと。
さすがに2台並べてる店は見かけません。
私は毎日飲んでいます。出社時と帰社時の2回。
買い支えてずっと設置してもらえるようにしないと(笑)。
コンビニコーヒー

| | トラックバック (1)

2013.03.25

大森・川崎:JR沿線の桜が満開

桜と『言葉の力』大岡信エッセイが似合う桜の季節となりました>関東や神奈川エリア

■今年こそリベンジで大井水神公園の桜

去年2012年には4月にJR大森駅の大井水神公園に桜を見に行ったのですが、
毎朝の電車の窓から、水曜木曜あたりに満開だと気付いたものの、週末に行ってみるとすっかり散っていました。
なので2013年の今年はニュースとかで桜の話題をチェックして、散る前に行きました。
6、7年は京浜東北線使ってましたが、なかなか途中下車する機会もなかったので。
JR大森駅なら、大森ベルポート館があり、日立の研修施設があるので、会社の研修で大森駅にはときどきに行っていたのですが。
ようやく2013年に実際に満開の桜が見られました。
花見客も多かったです。シート敷いて宴会は少なかったですが、テント張ったりバーベキューやっている連中も。公園の中なのに。タバコ吸う人も結構多かったかも。
ゴミ箱付近は大量のゴミが積まれており、ちょっと風情には欠ける桜並木ですね(汗
しかし、
JR大森駅沿いの公園だけど、大田区でなくて品川区管轄で「大井水神公園」、となりの大井町駅にある公園かと錯誤しそうです。


■JR川崎駅の桜

駅の堀川町道路沿いの桜並木もけっこうな数が植林されていて見応えあります。
京浜東北線沿線では結構オススメのスポットです。ここも満開でした。


■ソメイヨシノと桜前線

なんで桜前線という開花の観測方法が確立しているかというと、全国に植樹された桜が同じ親からの苗だから、気温への反応が同じなDNAだから。
気温の上がり方がわかって便利ではあるが、全国にたった一種類の桜を大量に、って種の多様性では良くないことなんですね。
高野山とか地元の桜とか、山桜自生している近くにこのソメイヨシノが来たことで、花粉が混ざり、各土地の固有の桜の種の存続の邪馬にもなっている。
桜はたくさん種類あるのですから、ひとつばっかりではつまらない。
最近に桜の写真を見ると、土地は違うのにどこも同じ種類の桜が写っていると
「うーむ」と昔のようには素直に喜べないようになってきました。


■花粉症と杉花粉
ニュースで、杉の植林では花粉の少ない種を植えるようにしているとか。
それで杉面積のほとんどが入れ替わるのに何十年かかるでしょうかねぇ。
でも、対策はしてくれているようで。

大森川崎の桜・大井水神公園大森川崎の桜・大井水神公園大森と川崎の桜/大井水神公園

| | トラックバック (2)

2012.11.05

東京:NHK東京スカイツリー完全版

2012年5月のNHK-BSプレミアムの放送の話を、いまさら11月に。
(忙しくて久しぶりの投稿)
この番組は記事にしておきたいな、と、ずっとHDDに録画し消せずにいました。
ブルーレイに書き出すのが不調だったので(汗>バッファローのTVソフトがオカシイ...

番組『東京スカイツリー完全版』
内容は、地域の人からタワーの技術、そしてたくさんの映像披露で本当に「完全版」と呼べる良作でした。
こういうときのために受信料払っているようなもの(笑)。

スカイツリーには最新テクノロジーや工夫があると既にいろいろ知られてますが、
私は科学技術面が好きですので、そっちだけをピックアップしますと、

*スカイツリーホワイト
藍染で最初に得られる「藍白」を参考に開発されたカラー。真っ白でなかったのですね。これにより空の青とよく溶け込みます。
*高光度航空障害灯
東京タワーが色が赤白なのは背が高いためで飛行体との衝突防止策だと知っていたのですが、高層ビルに赤白なのが無いなぁと思っていたら、あれは色の代わりに「障害灯」を点滅させていたんですね。東京スカイツリーもそれをたくさん点滅させることで赤白に塗らなくて済んだそうで。
*東芝エレベータの段差は0.1mm以下
エレベータ、長距離レールをたくさんつないでも滑らかに仕上げる。外装鉄柱も地面が三角柱で上は円柱、その変化のため鉄柱のひとつずつが全部形が違う。それを全国の工場で分担で製造して、下の柱から順番に納品されるようにスケジュール、精密度だけでなく納期までも揃えるとは工場のものづくりはすごい。しかも組み上げての誤差も数ミリの単位。塔の各所にセンサー、上空からのGPSで誤差を精密に測定する技術もすごかったです。風や地震で揺れるのによくもまあ。
*ロゴスキーコイル
アンテナ塔の根本にこの大型コイルを巡らせて、アンテナを通る落雷を観測。雷研究の最先端でもあるそうです。
*イルミネーション
パナソニックは最初は入札のときは全LEDではない提案だったのに、その後数年で技術が進み結局は全部LEDとの方針変更したそうで。LEDは光量が弱い印象があったのですが、長距離の先を粋や雅で照らしますね。しかもライト各装置は風雨にさらされるので頑丈で、落雷にも耐えるタフでした。落雷試験でも止まりませんでした。
イルミネーションには、工事中は実験点灯を何度かやっていて事前に知らされていたようでちゃんとカメラ持ってきた見物客が居ましたね。その中で工事ライトを使って12月のクリスマスイルミネーションは一度きりのレアなイルミでした。
20121105a
*心柱コンクリートは浮いている?
大林組のホームページにタワーの建設技術をたくさん紹介してます。どれも興味深い。中央の心柱はコンクリートで外筒よりあとから製造されてるとは。自動で型に流し込み、固まったらそれを型が自走して進んでまた流し込んで...超高層で大型クレーンとか、ゲイン塔が円柱の中で事前に組み立てて一気に引き上げるとか、効率と安全の工夫が満載ですね。
*打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
隅田川花火、タワーより下で開花するんですね。展望台からは見下ろしで見物できるんですね。
*大林組専属カメラマン、工藤政志さん(70)
番組で一番良かったのは、この方の撮影した工事記録写真群。迫力ありましたね、すごく。大林組の専属で、現場に立ち入り自由が認められている人。キャリア40年。天下御免の向こう傷みたいに、いいアングルのために危険な足場に立ち入りが許されているという。セスナ機を垂直飛行させて塔を真上からシャッターに収めるとかアクロバティックなことも。工藤さんは40年前に建設中の東京タワーを撮影していてそのままカメラマンの道を歩み、今はスカイツリーを撮影しているなんてなんというめぐり合わせか。
20121105b

地域の人々の撮影から、NHKカメラマンのヘリ空撮、建設会社専属カメラマン、
NHKクルーだけでないたくさんのタワー映像を見せてくれた観て楽しい番組でした。

| | トラックバック (0)

2012.02.20

横須賀:記念艦三笠、海軍カレー、たまゆら

■記念艦三笠

『坂の上の雲』で戦艦三笠がNHKで放送される前の2011年夏に、記念艦三笠行って来ました。
その時のを今更に。
戦艦でなく「記念艦」なんですね。入場料500円。
京浜急行線の駅からちょっと歩いて海岸の米軍基地方向に向かうと、
三笠公園の中に三笠が鎮座しています。
公園の中にグッズ売店があって、そこの自販機で入場券を買い、船の入口でもぎりする方式。
NHK効果か不明ですが、そこそこ賑わってました。
のちのニュースで2011年の来場者はかなり増えたらしいので
2011年の年末放送時期はもっと賑わったことでしょう。
記念艦三笠
錆止めなのか灰色ペンキで塗りまくられた艦は、船っぽく無く「建物施設」って感じで
本当にこれが日本海で戦っていたとは思えないくらいの歴史隔世感あり。
艦内は展示物多数で、社会科見学に良い造り。
ビデオ上映とか、当時の日本海海戦を電動ジオラマで再現とか、博物館手法ふんだんに。
展示も軍とか戦争賛美でなく、日露戦争を日本に有利に講和させるための勝利と解説され、
艦も歴史的遺産であることをアピールしてて
鼻につかない感じは好印象。
艦もフェリーとかと同じくらいであまり大きくないのですが、
明治の最先端技術と思えばすごい。
(世界大戦時によくまぁ金属拠出で処分されなかったものだ)


■坂の上の雲

アナログ放送が終わって、NHKはもはやワンセグでしか観られないのに
受信料はワンセグで安くならない理不尽さ。
NHKもあまり見なくなりましたが、この日本海海戦の放送は良かった。
あの公園にあった灰色の三笠が、黒鉄な体で黒煙吐きながら
波高い日本海を航行するCG海戦シーンは見事でした。
実物よりずっとかっこいい。人の撮影も現地でなくセット撮影ですよね。
でも、艦橋の狭さ、階段の急勾配、艦内の様子は、記念艦三笠と完璧なほど一緒。
ロケセット見事なり。
坂の上の雲


■横須賀海軍カレー

神奈川のコンビニだけかもしれませんが、弁当とかで神奈川ご当地ものがあり、
海軍カレーの弁当やパンもよくある。そればかり食べていたのですが、
三笠見に行った時はお店でちゃんとカレー食べました。
有名なカレー本舗に行ったのですが、一階のお土産屋は徹底的なカレーグッズ揃いでした。
カレーラムネってどんな味よ?和食洋食菓子なんでもカレー味。
二階のレストランはファミレスっぽい内装で、海軍と全然関係ない(笑)
味はおいしかったですが、量少なくて1000円とか観光料金ですな。
能書きによれば、海軍カレーとしていろいろ手間暇かけた料理ではあるらしい。
横須賀海軍カレー

■たまゆらTV放送・汐入

2011年7月に行ったのですが、京浜急行線の汐入駅どころか、
横須賀中央駅の駅前の商店街に、『たまゆら』アニメ放送宣伝ポスターがたくさん貼られていました。
当時はその作品知らなかったのですが、放送はとても良かったし、
放送で汐入&横須賀はすっかりご当地として人気を博してますね。
第一話しか登場しないご当地なのに。
http://www.cocoyoko.net/
ちゃんと横須賀市の公式タイアップもあってうまく盛り上がっていた...なので。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧